サッカー

2012年9月15日 (土)

鳥取砂丘


undefined

試合に負けて黄昏る...

今年何回見せられたかわからないくらい、同じ失点の仕方。
守備を固めてカウンターやれと言う気もないけど、それにしてももう少し考えるべきじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

とりぎんバードスタジアム

undefined

到着。
ゴール裏のすぐ後ろは、田んぼ。


undefined

続きを読む "とりぎんバードスタジアム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取に向けて移動中

今年最後の夏休み取得&アウェイ遠征になるか?
すべて鉄道利用です。
間もなく京都です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

英才教育?

00


雨の試合の後、旗物の乾燥作業にて。
左奥が新ビッグフラッグで、右が旧ビッグフラッグ。
 

まだまだ、上には上げられませんが、振り回そうとしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

日本平よりお送りしております


天皇杯準々決勝開門前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

復活! スーパーサブ!

山形 2-1 G大阪 (NDスタ)
 
 
ガンバにリーグ戦初勝利。
しかも、いつ以来のことか覚えもない逆転勝ち。
10月の対戦相手は上位ばかりで正直キツイと思っていたところで、幸先の良いことです。
 

この試合は、前節までよりも攻撃の時に前線にかける人数が多かった印象。
同点の場面も、真ん中で潰れたのが宮沢で、ファーで待ちかまえていたのは下村。
これまでクローザーのような使われ方が多かったせいもありますが、あんな高い位置でプレーする下村は初めて見た気がします。
 
 
逆転場面は、宮崎がうまいこと一発で裏を取りました。
2年前も途中出場でよく点を取っていましたが、今年もこれで2戦連発。
サイドにただ張っているだけでなく、いい意味でふらふらと動いている感じがします。
ここに来てジョーカー復活はありがたいことです。
 
 
そして、2点ともアシストは石川。
今年はジャブラニのせいか、特にセットプレーの時のキックの精度がいまいちな感じがするのですが、今節は健在ぶりを見せてくれました。
石川からの縦1本で得点というのは、久しぶりに観た気がします。
J2の時は、よくあったような気がしますが。
 
 
FWのスタメンは長谷川でしたが、ボールが収まる&守備という面では、調子が上がってきたこともあるのでしょうが、田代よりも一日の長がある気がします。
ただやはり、強引に仕掛けていくとなると、田代の方が魅力的です。
ここはやはりツインタワーを(ry
でもそうすると、中盤の構成にも影響(ry
難しい。
 
 
リーグ戦は強豪との対戦が続きますが、この勝利でいい雰囲気で挑めそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

6,000人超が駆けつけたものの・・・

山形 0-2 仙台 (宮スタ)
 
 
1年間対戦がなかったので、負けたのが久しぶりという感じもしますが、やはり胸くそ悪い。
3連敗という事実がそれに輪をかけている感じです。
 
 
試合の印象はと言えば、球際で負けていたことと、セカンドボールがまったく拾えなかったこと。
攻守いずれの場面でも、仙台に簡単に数的優位を作られていた感じがしました。
 
 
梁はいい選手だということを再確認させられたわけですが、それでも特に2失点目は対応しないと。
コメントでは本人も反省しているようですが、コースを切るべきは縦じゃなくて右足の方だよなあ。
アウェイゴール裏から正面に見えるビジョンにリプレイが流れた瞬間、そりゃダメだと思ってしまいました。
 
 
それにしても全体のバランスが悪いというか。
健太郎の脇のスペースがまたいいように使われているような気がします。
勝離脱の影響でしょうか。
 
 
小林監督就任以降、こういう手痛い敗戦の後、チームが上昇したことが何度もあります。
今年もナビスコの磐田戦の後とか。
そうなることを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

スコアのようにはスッキリせず

山形 3-0 秋田 (NDスタ)
 
 
やっぱり天皇杯らしくなったというか。
リーグ戦で染みついた戦い方がここでも表れたというか。
ハーフタイムには監督の雷が落ちたんじゃないかと予想。
 
 
ポゼッションでは確実に劣っていたと思われるくらいにボールをつながれ、それでも最後のところは決定的な仕事はさせない。
リーグ戦を見ているような展開でした。
 
 
それでも、去年のことがあるだけに、なおのこと負けるわけにはいかなかったわけで。
勝ったということで良しとしましょう。
 
 
太田は公式戦初得点おめでとう。
山田はもう少し精進してください。
そして今日の中盤の様子を見ると、勝の穴は思っていたよりも大きいかも?
この試合が単にグダグダであっただけであると祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

怪我人2人はキツイ

山形 1-2 広島 (広島)
 
 
負けはしましたが、内容的には見応えのある試合だったと思います。
互角に渡り合えたのではないかと。
随所に得点の匂いはしましたし、実際、増田の今季初得点もありました。
 
 
それだけに、前半のうちに負傷者が出て、交代のカードを2枚も切らざるをえなくなったのは残念です。
後半、途中から出てきたミキッチに手を焼きましたが、対面する宮沢はすでにガス欠してました。
交代カードに余裕があれば、もっと早い段階で宮沢を交代できたでしょう。
最後の1枚だけに、ぎりぎりまで引っ張らざるをえなくなってしまった。
 
 
しかし、怪我人2人も同時に出ても、次の試合のスタメンを心配しなくても良さそうなのは、選手層が厚くなったということなのでしょうか。
次は天皇杯なので、怪我人にかかわらずメンバーを入れ替えるつもりだったのかもしれませんが。
 
 
そして、今季初得点の増田。
ここのところの働きは実に素晴らしいものがあります。
開幕当初とは見違えるように守備もこなしつつ、攻撃となればあちこちに顔を出す。
勝と健太郎との連携が向上するにつれて、輝きを増してきました。
 
 
先ほども触れましたが、次週は天皇杯2回戦。
苦しむイメージしかない試合です。
今年は気楽に観られる試合にならないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

試合内容より芝がヤバイ

山形 0-0 神戸 (NDスタ)

 
また次の試合当日の更新となってしまいました。
 
 
芝がひどいことになってます。
砂漠化とまで言われてしまいましたが、大げさとも言い切れません。
選手がプレーすると、明らかに砂が舞う場所があります。
本当に相手チームにも申し訳ないところですが、如何ともし難いのも事実なわけで。
 
 
暗渠が詰まったことが原因のようですが、そうなると全部掘り返さないと抜本的な対策は行えないことになります。
そんなことができるのはシーズンオフになってからですが、仮に降雪前に工事が終わったとしても、来春芝が根付いているかどうか。
Jヴィレッジ開催の苦い思い出が蘇ります。
 
 
そもそもべにばな国体用に作ったスタジアムが、Jリーグのチームのホームズスタジアムになることを想定していたとは思えず(バックスタンド、ゴール裏スタンド、電光掲示板は後付けした設備)、ピッチの設計自体どうだったんでしょうね。
あれだけ日当たり、風通しともに良好なのに、すごく良い芝と言える状態だったことがあるかと言われると、あまり記憶もなく。
門外漢ですので、本当のところはよく知りませんが。
 
 
それにしても、県内に代替開催できる場所が一つもないのは痛いです。
この際、難しいのは重々承知ですが、いっそ専スタ(ry


試合の方は、久しぶりにシュート数で相手を上回りましたが、引き分け。
後半開始からは良い流れだったのに、選手交代をする度に流れが悪くなっていった感じです。
結果論ですが、しなくても良かった2枚替え。
 
 
GK都倉が登場したときには、期待も高まったものの、得点ならず。
反応は鈍かったもののFKをはじき返した、GK大島を思い出してしまいました。
 
 
引き分けには終わったものの、無失点は継続中。
今日は、広島の攻撃力を押さえ込むことを期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧