« B組暫定首位 | トップページ | 呆れた犬 »

2010年7月 4日 (日)

4年に一度の祭典

普段はサッカーに興味なさそうな人も含めて、世の中盛り上がっております。
うれしいことです。
 
 
我らが日本代表はベスト16ということで、すでに敗退してしまいましたが、恐らく大方の人の予想を良い意味で裏切る活躍。
私もグループリーグ3連敗を覚悟していた口です。
 
 
大会直前に方針転換をするという博打を打ち、見事それに勝った岡田監督以下代表の皆様には、ただただ敬意を表するばかりです。
 
 
一方で、世界の中での日本の立ち位置も思い知らされた感じがします。
 
 
本田の0トップは、結局のところ、通用するFWがいないことの裏返し。
もちろん本田は十二分にその役割を果たしたとは思いますが、奇策であることは間違いない。
 
 
そして、守備的な戦い方をしたから、グループリーグを勝ち上がることができたのではないかということ。
要するに、弱者の戦い方。
現状そうせざるを得ず、日頃は田舎の弱小クラブを応援している身としては、むしろ当然とも思いますが、いつかは強国と呼ばれる国のような戦い方をする日本代表を見たいという希望もあるわけで。
道のりはまだまだ遠い。
 
 
難しいのは、アジアの中では強国であるということでしょうか。
アジアを勝ち抜くには、引きこもる相手を能動的に突き崩していく必要がある。
一方、世界の強国相手に勝ち抜くには、同じ戦い方が通用するとは限らない。
監督はたいへんだ。
 
 
そして、パラグアイ戦後の長谷部のインタビュー。
今Jリーグでプレーしているわけでもないのに、Jリーグを見に来てくださいって。
いい人だ。

|

« B組暫定首位 | トップページ | 呆れた犬 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/48791034

この記事へのトラックバック一覧です: 4年に一度の祭典:

« B組暫定首位 | トップページ | 呆れた犬 »