« 今年はなぜか知らないが西のチームに勝つ | トップページ | 連休最終日に19時試合開始 »

2010年5月 3日 (月)

個の勝負になるとやっぱりキツイ

山形 1-2 名古屋 (瑞穂)
 
 
試合全体を通してみれば、名古屋が優勢だったのは間違いありません。
特に後半は完全に押し込まれ続けました。
 
 
しかし、前半の半ば過ぎあたりからは、きちんとボールをつないで前に運ぶことができていましたし、そこまで悲観すべき内容ではなかったのではないかと思います。
北村の得点の場面も良かった。
 
 
まあ、でも1失点目の取られ方は、正直ガックリきますなあ・・・。
CBがああいう形でボールを失っては、最後がケネディでなくてもそりゃ取られる。
 
 
2失点目は、個の力の差を思い知らされたように感じました。
宮本を振り切ってクロスを上げる三都主に、石井の上から打ち込む闘莉王。
(三都主も闘莉王も普通に変換しやがったな、ATOK)
  
 
引き分けに持ち込むだけなら、西河を入れていっそのこと5バックでもやれば良かったかもしれませんが、結果論。
まだまだ、これから。

|

« 今年はなぜか知らないが西のチームに勝つ | トップページ | 連休最終日に19時試合開始 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/48248736

この記事へのトラックバック一覧です: 個の勝負になるとやっぱりキツイ:

« 今年はなぜか知らないが西のチームに勝つ | トップページ | 連休最終日に19時試合開始 »