« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月23日 (日)

久しぶりにセットプレーで得点した気がする

山形 1-0 神戸 (NDスタ)
 
 
試合の頭から試行中の4-1-4-1を採用したわけですが、神戸にいいようにボールを持たれてしまった気がします。
特に、ボッティやポポあたりを捕まえられず、ヒヤヒヤしながら見ておりました。
実際、(たぶん)都倉が抜け出して植草と1対1になってしまった場面は、もう完全にやられたと思ったわけですが、神戸の決定力のなさに助けられました。
相変わらず、ビルドアップの場面でのミスも散見されました。
 
 
後半は持ち直して攻撃もだいぶマシになり、田代や2列目の選手がDFの裏に飛び出す場面も見られるように。
勝や宮沢の決定的なシュートもありました。
それにしても宮沢のミドルは、前節の新潟戦といい、去年のホームの磐田戦といい、結構いい確率でジャストミートで凄いのが飛んできますな。
 
 
決勝点は増田が蹴ったCKを勝がヘッドで合わせたもの。
本当に久しぶりのCKからの得点です。
キッカーが代わった&比較的マークの薄くなりそうな勝だったからでしょうか。
 
 
そして、増田ですが、4-4-2のボランチというよりは、前目のセンターMFの方が合う感じがしました。
1試合だけで言い切れませんが、より前でボールに絡める方がおもしろそうです。
攻撃だけでなく、DFライン近くまで下がってきて守備もこなしてましたし、これまでで一番良い出来だったと思います。
 
 
次節は浦和戦。
たまたま当日東京出張なので、後半の頭くらいまでなら参戦しても最終つばさで帰れそうと調べていたのですが、うっかりチケット争奪戦に参加し忘れるという体たらく。
試合終了まで参戦できる勇者諸君に譲ったのだと、自分を納得させているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

2試合続けて3失点はないな

山形 1-3 新潟 (ビッグスワン)
 
 
3失点での敗戦も、たまにならばこんな日もあるさと、受け流すこともできますが、2試合続くとさすがにそうも言っていられません。
 
 
宮沢の目が覚めるようなダイレクトボレーで先制したまでは良かったものの、その後がね。
不安定な両CBをはじめ、ずるずる下がる守備。
攻撃は最後の精度どころか、ビルドアップの1本目のパスをしくじる。
前線では田代がかなりの確立で競り勝ち、楔のボールをさばいていたのに、次第に田代にもボールを送れなくなり。
 
 
マルシオのFKはまだしも、立て直せないまま勝ち越しを許してしまったあたりは、本当にどうしてしまったのかと言いたくなるくらい、守備に粘りがない状態です。
堅守と評されることの多いうちの守備ですが、つけいる隙がないような完璧な守りをしているわけではなく、ひたすら粘り強く守る結果、失点が少ないということだと、私は勝手に思っています。
ところが、今年はそういう姿勢が薄れてきているような気がします。
もう一度初心に返って欲しい。
 
 
攻撃の強化を図るために試行錯誤している結果、失点も増えているという面もあるのかもしれません。
しかし、今のところそれがはまったのは、京都戦だけです。
時間がかかりそうです。
 
 
この状況でリーグ戦が中断するのはありがたいことと、前向きにとらえておきましょう。
帰りの駐車場で車に向かって歩いているときに、4連勝の勢いのままリーグ戦を戦えないのはもったいない云々という新潟サポの会話が聞こえたのとは、非常に対照的orz


おまけの一枚。
なぜか大白鳥でせんとくんに遭遇(おそらくいろいろあったこれの宣伝?)。
ゆるキャラ大集合の中、明らかに一番人気w
角がガムテープでくっつけてあるのが気になるところです。
201005151049000

201005151050000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

お疲れ

山形 0-3 FC東京 (NDスタ)
 
 
選手の出足が鈍く、守備の寄せは甘く、セカンドボールは拾えず、ミスから失点と、ダメな内容でした。
消化不良感たっぷり。
 
 
期待が持てることといえば、長谷川と増田が戻ってきたことくらいですかね。
 
 
しかし、田代が真ん中、古橋が右、長谷川が左の3トップを試してましたが、何か今一つな感じ。
この前の京都戦の1トップ、2シャドーで味を占めたのかもしれませんが、どうせ急造、スクランブル状態でやるなら、真ん中に田代と長谷川を並べて放り込んだ方が良かったのではないかと。
 
 
次が中断前最後の試合です。
少なくとも、締まった試合を見せて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

連休最終日に19時試合開始

山形 1-0 大宮 (NDスタ)
 

いろいろと大人の事情があるのだろうとは思いますが、微妙な試合開始時間。
そして、連休中にもかかわらず残念な観客数。
結果として良かったのは、涼しくなってから試合ができたことくらいか。
 
 
試合の方は互いに決め手を欠く展開。
特にクロスやラストパスの精度の悪さが目につきました。
 
 
それにしても、ここのところ石川のキックの精度の悪さが目につきます。
期待値が大きいだけに、余計に悪く見えるのかもしれませんが。
実は体調悪かったりしないよな?
 
 
一方、北村は絶好調ですね。
前の試合の反転シュートといい、この試合のPKをもらった時の体の使い方といい。
 
 
PKとはいえ、古橋が今季初得点。
古橋も点を取れるようになれば、もっと怖い攻撃ができそうなだけに、期待しております。
 
 
今季もすでに10節を消化し、W杯中断まであと2試合。
例年、1チームくらいは引き離されて下位に沈むチームが現れる時期と思うのですが、今年は中位以下団子状態です。
今のところ8位とはいえ、連敗すれば恐らくすぐに降格圏に落ちそう。
そういう意味では、今節勝てたことは非常に大きいと思います。
 
 
このまま、良い流れで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

個の勝負になるとやっぱりキツイ

山形 1-2 名古屋 (瑞穂)
 
 
試合全体を通してみれば、名古屋が優勢だったのは間違いありません。
特に後半は完全に押し込まれ続けました。
 
 
しかし、前半の半ば過ぎあたりからは、きちんとボールをつないで前に運ぶことができていましたし、そこまで悲観すべき内容ではなかったのではないかと思います。
北村の得点の場面も良かった。
 
 
まあ、でも1失点目の取られ方は、正直ガックリきますなあ・・・。
CBがああいう形でボールを失っては、最後がケネディでなくてもそりゃ取られる。
 
 
2失点目は、個の力の差を思い知らされたように感じました。
宮本を振り切ってクロスを上げる三都主に、石井の上から打ち込む闘莉王。
(三都主も闘莉王も普通に変換しやがったな、ATOK)
  
 
引き分けに持ち込むだけなら、西河を入れていっそのこと5バックでもやれば良かったかもしれませんが、結果論。
まだまだ、これから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »