« 雪にはならず | トップページ | 鬼門が一つ消えた »

2010年4月 4日 (日)

春来たる

山形 1-0 広島 (NDスタ)
 
 
勝ちのないまま4月を迎えてしまいました。
何日間かは雪のおかげで練習もままならなかったわけで、ある程度やむをえなかったところでしょうか。
もう大丈夫、春だと、我が家の車も夏タイヤに交換たところで迎えたこの一戦。
とはいえ、16時開始となると、試合終了の頃はやはりまだ肌寒いです。
 
 
前半は、かなりうまいこと守備が機能しておりました。
広島の攻撃の起点であるストヤノフは、両FWが徹底してプレスをかけ、MF陣も集中を切らすことなくパスコースを限定して対応しておりました。
現場で見ていても、広島のシュートあったかな?という感じはしておりましたが、帰宅して記録を確認してみるとやはり0。
いつものように次々と人が飛び出してくることもなく、広島の動きが本調子ではないと感じられたとはいえ、すばらしい。
 
 
攻撃も、今日は両サイドから次々とクロスが上がっておりました。
ようやく攻撃の形が見えてきました。
何のひねりもなく上げているだけのような感じもなきにしもあらずでしたが、まずは良しとすべきでしょう。
 
 
後半、広島も多少息を吹き返した感じで仕掛けてきました。
選手交代もありましたが、前半と比べるとドリブルが多くなったとも感じました。
パスへの対応に重きを置いていたせいもあるでしょうが、ストヤノフあたりのドリブルへの対応が曖昧なままバイタルまで進入されるのは、ちょっと見ていて怖かったです。
何度か肝を冷やす場面もありました。
 
 
そんなこんなで74分、浦和戦と違い今日はいい動きをしていた宮本からのクロスを、古橋がちょっとすらし、真ん中で待ち受けていた田代がトラップから素早いシュート。
西川の手をはじいたボールが、ころころとゴールに転がり込みました。
宮本がクロスを上げる前までのボールのつなぎ方も、テンポがあって良かったです。
 
 
田代がようやくフィットしてきたのは、頼もしいところです。
下村も途中出場でしたが、たぶん先発でもいけそう。
あとは、増田と韓国人トリオが本領を発揮してくれれば、春本番となるか。

|

« 雪にはならず | トップページ | 鬼門が一つ消えた »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/47999541

この記事へのトラックバック一覧です: 春来たる:

« 雪にはならず | トップページ | 鬼門が一つ消えた »