« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月22日 (月)

雪にはならず

山形 1-1 浦和 (NDスタ)
 
 
どうせなら、浦和のみなさんを雪でお迎えした方が良かったんじゃないかと思ったものの、雪が降るほどには寒くありませんでした。
試合後、大量のゴミを客席に残していった連中だけにでも、せめて吹雪くくらいのおもてなしをしたかったところ。
 
 
前半は完全に浦和がボールを支配していました。
とはいえ、勝や健太郎のあたりでボールを奪う場面もしばしば見られ、こちらもきちんと守備はできていたとは思います。
しかし、奪ったボールをまったく攻撃につなげられない。
比較的簡単に見えるパスを失敗するのは、ガックリきます。
 
 
失点の場面は、CKのこぼれを拾ってマイボールにしたにもかかわらず、中途半端な対応で再び奪われ、逆にカウンターを喰らったような形でした。
大きく蹴り出すなり、もっと簡単に対応すれば良かったのにと思っても、後の祭り。
 
 
そんなこんなで、前半を見る限り、新戦力もフィットせず、昨年の終盤から何も変わっていないように見え、かなり視界不良と感じてしまいました。
 
 
しかし、後半になってみると、ハーフタイムに何があったのか、田中達也outの影響がどれほどあったのか知りませんが、見違えるような動きに。
石川や北村から、ゴール前にいいボールが何本も送られるようになりました。
前半と比べると、浦和のプレスが緩くなったような気もしましたが、とにかくパスが回るようになりました。
田代も、前節までと比べれば、だいぶマシになってきました。
 
 
古橋のFKを宮沢が左足で合わせて同点にしたわけですが、その他にも決定的な場面が何度も。
同じくらい危機的場面もありましたが、あと1本が決められなかったのは残念です。
とはいえ、去年、勝ち点をまったく取れなかった相手から1取れたわけですから、前進といえば前進。
落ち込むこともないでしょう。
 
 
長谷川の負傷離脱でどうなることかと思っておりましたが、補強のおかげで、昨年と違いそこら辺はどうにかなりそうです。
途中出場の下村も、悪くない動きだったと思います。
そう遠くない時期に先発もあるかもしれません。
クナンは、パワープレー要員として途中出場し、中々良かったとは思いますが、早くCBとしてプレーする姿を見たいところです。
 
 
そして、昨年からの面子で一番気になったのが宮本。
ボール持ったときの判断が遅く、攻撃が停滞する場面が何度となく見られました。
それから、誰がということではありませんが、相変わらずスローインが下手くそすぎます。
今少し改善して欲しいところです。
 
 
試合終了後、海保前理事長がゴール裏にお孫さん?を連れてやってきて、最後の御挨拶。
本当にありがとうございました。
モンテディオ山形がある限り、あなたの名前は永遠に語り継がれると思います。
 
 
以下、徒然なるままに雑感です。

【今年から変わったところ】
①選手紹介の映像が、静止画から動画に。
 ビジョンが小さいのが残念な感じになってきました。

②出店の数が増えた。
 しばらく、新しい店を試すことになりそうです。
 
 
【今日の残念】
①普段は山の方の某有名温泉で営業していると思われる、新たに出店した出店の一つ。
 相手チームをおもてなしするのはいいが、メニューの黒板に「浦和レッズを応援しています」はないだろう。
 手際が悪いのは置くとして、カレーはまあ美味しかったとは思いますが。

②メインとゴール裏の間の通路封鎖時間長すぎ。
 選手バスが到着する時間帯に封鎖されるのはいつものことで、我がチームが到着したところまでは何の問題もなし。しかし、続けて浦和が来るからと、そのまま封鎖された状態で20分は待たされた。最終的には、2~300人はいたか。
 次第に「いつまで待たせるんだ」的な雰囲気になり、声から判断するに、最前列にいたうちの親父がキレた模様w
 それに追随するように声が上がり、結局封鎖解除。その5分後くらいに浦和バスが到着。
 運動公園のバス入り口にも警備員いるんだから、そこからの到着の無線連絡があってから封鎖しても、十分間に合うんじゃないのか?

③冒頭にも書いた、浦和ゴール裏のゴミ置き去り。
 ほとんど、ボーイズがいたあたりでしたけど。
 山形側にもゴミはあったのは確かですが、あの一帯のゴミ密度は半端なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

春遠し?

山形 1-1 湘南 (平塚)
山形 0-3 清水 (日本平)

 
 
ここのところクソ忙しいため、シーズンも開幕したというのに、完全に更新が滞ってしまいました。
さらに同期から結婚式への御招待を受けたこともありまして、開幕戦の現地参戦もならず。
 
 
オフにはいろいろ補強したわけですが、2戦ともスタメンに名を連ねた新顔は田代のみ。
この状況では昨年からの大きな変化は望めないところでしょう。
古橋の右SHも良いのか、悪いのか、判断つきかねる感じです。
 
 
田代、増田が今一つフィットせず、韓国人トリオはベンチ入りすらならず。
それでもって長谷川が負傷離脱。
 
 
開幕直後にいきなりどん底が来た感もありますが、それならばあとは上がるのみです。
ネガっていてもしょうがない。
 

来週は、ホーム開幕戦。
今年初観戦となります。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »