« 天皇杯2回戦 | トップページ | 残留まで、あと勝ち点3 »

2009年10月18日 (日)

マイナスとマイナスはプラスになる

山形 1-0 神戸 (NDスタ)
 
 
残留に向けた直接対決4連戦も、これが3戦目。
勝てば神戸に勝ち点で並び、得失点差で上に行けるという一戦。
 
 
天皇杯で勝ったことはあるものの、リーグ戦では相性最悪レベルの神戸。
さらに、相手監督は、特に札幌時代には相性最悪だった三浦さん。
どうなることかと思っていたわけですが、算数と一緒でマイナスも重なるとプラスになることもあるようです。
 
 
我々からすればいつも通りというか、守ってワンチャンスをものにできた、そんな前半でした。
長谷川ががんばって左にはたき、宮沢が上げたクロスに、DFの背後から飛び込んだ古橋が頭で合わせたゴール。
試合を通しても、うちの決定的場面といえば、これだけか。
 
 
石櫃にはだいぶ仕事をされてしまいましたが、代表疲れ?の大久保あたり本調子ではなかったようです。
後半最後の方は、これまたいつも通り体をなげうっての全員守備。
一番肝を冷やしたのは、相手のミドルシュートが、レオの出した足に当たってコースが変わった場面でした。
枠には行かなかったから良かったですが、もし行っていたらと思うと・・・
 
 
そして、今節は大宮、柏が敗れるという、うちにとってこれ以上ない都合の良すぎる幸運な展開です。
次は柏戦。
正直、引き分けでも良くなった状況ではありますが、気を引き締めていきたいところです。

|

« 天皇杯2回戦 | トップページ | 残留まで、あと勝ち点3 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/46521533

この記事へのトラックバック一覧です: マイナスとマイナスはプラスになる:

« 天皇杯2回戦 | トップページ | 残留まで、あと勝ち点3 »