« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月24日 (土)

残留まで、あと勝ち点3

山形 1-0 柏 (柏)
 
 
直前まで現地参戦の可能性を探っていたのですが、風邪を引いてしまい、治りきらなかったので残念ながら見送り。
自宅のTV前から念を送ることとなったわけですが、風呂上がりの長男を相手しながらという、これまでに勝利がないパターンです。
 
 
ジンクスが外れること祈るという感じでしたが、前半は柏が思ったよりも前から来ないため、割と余裕でボールが持てる展開となりました。
CK、FK、カウンターと、幾度となくチャンスを作りましたが、オフサイドに、ハンドに、そして立ちはだかる菅野。
久々に枠に飛んだ?勝のドライブのかかったミドルも、菅野のファンブル止まり。
 
 
いい感じで攻めていただけに、前半のうちに先制点が欲しかったところです。
 
 
そして、後半。
前半、両サイドバックがばたついているというか、簡単なミスが目立つなと思っていたら、頭から宮本outで石川in。
 
 
柏もさすがに前に出てきたかなと思っていたら、柏のCKのクリアから、きれいなカウンター発動で、宮沢の先制点。
解説のハスラ氏、JAGSの野々村氏絶賛、古橋の絶妙なファーストタッチからの浮き球スルーパス。
あのファーストタッチは、私もTVの前で思わず「うまい」と一言つぶやいてしまいました。
DFラインの裏に抜けた宮沢も見事。
飛び出してきた菅野をファーストタッチでかわし、寄せてくるDFにも負けずに決めてくれました。
 
 
あとは引きこもって1点を守りきるいつも通りの展開。
そして、今夜も華麗にゴールを死守するシミケンのショータイムの始まりでした。
ゴールポストとの頭突き勝負にも負けずに、踏ん張ってくれました。
 
 
しかし、1年間通してこの戦い方を見続けていると、相当我慢強くなってしまったのか、普通ならピンチと思う場面もそれほどと思わなくなってしまったのか。
攻め込まれているのに、割と落ち着いてみている自分がいる・・・
 
 
これで残留を争う下位チームとの4連戦が終了し、3勝1分けで勝ち点10を獲得です。
上出来すぎます。
我々があと1勝するか、柏が1敗すると残留が決定します。
ただし、残り4戦は、大宮を除きすべて上位のチームとの対戦です。
最後まで気を引き締めて、勝ち点を拾っていきましょう。
 
 
その前に、来週は天皇杯3回戦。
ある意味、J1のチームより恐怖の明治大学。
監督、メンバーはどうするんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

マイナスとマイナスはプラスになる

山形 1-0 神戸 (NDスタ)
 
 
残留に向けた直接対決4連戦も、これが3戦目。
勝てば神戸に勝ち点で並び、得失点差で上に行けるという一戦。
 
 
天皇杯で勝ったことはあるものの、リーグ戦では相性最悪レベルの神戸。
さらに、相手監督は、特に札幌時代には相性最悪だった三浦さん。
どうなることかと思っていたわけですが、算数と一緒でマイナスも重なるとプラスになることもあるようです。
 
 
我々からすればいつも通りというか、守ってワンチャンスをものにできた、そんな前半でした。
長谷川ががんばって左にはたき、宮沢が上げたクロスに、DFの背後から飛び込んだ古橋が頭で合わせたゴール。
試合を通しても、うちの決定的場面といえば、これだけか。
 
 
石櫃にはだいぶ仕事をされてしまいましたが、代表疲れ?の大久保あたり本調子ではなかったようです。
後半最後の方は、これまたいつも通り体をなげうっての全員守備。
一番肝を冷やしたのは、相手のミドルシュートが、レオの出した足に当たってコースが変わった場面でした。
枠には行かなかったから良かったですが、もし行っていたらと思うと・・・
 
 
そして、今節は大宮、柏が敗れるという、うちにとってこれ以上ない都合の良すぎる幸運な展開です。
次は柏戦。
正直、引き分けでも良くなった状況ではありますが、気を引き締めていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

天皇杯2回戦

山形 2-0 日本文理大学 (NDスタ)
 
 
勝ったはいいが、どこかすっきり試合となることが多い天皇杯初戦。
今年もそんな感じになりました。
それでも、地域リーグのチームにジャイアントキリングされてしまった某さいたまのチームに比べれば、はるかにマシではあります。
 
 
前半は自分たちがポゼッションできるという、最近にない展開。
サイドの深いところまではボールを運べるものの、そこから先が物足りない。
そして、サイドにしか行かず、例えばボランチが2列目から飛び出すような動きが見られないため、単調な攻撃に。
得点の臭いはあまり感じなかったのですが、赤星の直接FKと、廣瀬のヘッドで、立て続けに2点をゲット。
終わってみれば、どんな形であれこの時間帯に点が取れたのは、本当に良かったという感じです。
 

後半はもう、前半以上のグダグダ。
日本文理のクロスなり、シュートなりの精度がもう少し高ければ、確実に失点していたのではないかと思います。
何か守備の時にバタバタしている印象が残りました。
こちらの決定機もありましたが、枠に行かなかったり、GKの正面に打ち込んだり。
 
 
後半途中、日本文理のゴール裏(たぶん控えの部員)から「山形、ガタガタ」という、久しぶりに聞く煽りのコールが聞こえて、失笑してしまいましたが、特に後半の内容からいえば、勝ったとはいえある意味当たっています。
怪我人が出なかったのは良かったですが。
 
 
次は湘南と思っていたら、明治大学。
相変わらず素晴らしい試合選択をするBSの中継を観ていましたが、これは手強そうです。
先発入れ替える余裕はないかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

シミケン・ショー

山形 0-0 大分 (NDスタ)
 
 
観客数も含めて、試合前から何となくスタジアムの雰囲気が緩い感じがして、嫌な予感はしていました。
引き分けという最低限の結果を得られたので、その予感がまるっきり当たったというわけではないのですが、試合内容的には今一つとなってしまいました。
しかし、残留を争う他チームが、今節は軒並み敗れるという幸運に恵まれました。
まだまだ、ついています。
 
 
前半から大分のパスワークとドリブルに振り回され、守備で後手を踏み、攻撃はといえばうまくボールを運べず、最後は縦に蹴ってしまう。
それでも古橋、レオと2回あった決定機のどちらかを決めていれば、また違った展開になったかもしれません。
 
 
後半開始からしばらくはうちの時間でしたが、その時間帯も攻撃は生煮えの感じでした。
むやみに攻め急ぐのも考え物ですが、それにしては後ろの押し上げは遅いし、一捻り足りないし。
時には独力でペナルティエリアに向かってゴリゴリと仕掛けて欲しいと感じたのもまた事実なわけで。
 
 
最後はカウンターの応酬という展開になってしまいましたが、手数は明らかに大分の方が多く、シミケンの見せ場が数知れず。
本当にシミケンのおかげで勝ち点1を拾うことができました。
 
 
そして、長谷川はケガが悪化してしまったようです。
長谷川が自分で×を出す前から金の交代の用意をしていたので、御役御免となる直前のアクシデントと思われます。
痛いですが、次は幸いにも天皇杯です。
2週間後の神戸戦で元気な姿を見せてくれることを祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »