« 遅ればせながらガンダム | トップページ | 芝かぶり »

2009年9月13日 (日)

さいたま、さいたま

山形 1-4 浦和 (埼玉)
 
 
立ち上がりから相手の勢いとスタジアムの雰囲気に飲まれたのか、4分で失点してしまいました。
小林のパスをインターセプトされ、カウンター気味に押し込まれました。
ようやく落ち着いてきたと思ったところで、またカウンターで一気に持ち込まれて、最後はPK献上。
 
 
その他にも危ない場面は多々あったとはいえ、古橋と北村がDFの裏を狙い、そこにパスも通っており攻撃も割と機能しておりました。
古橋の2試合連続得点で1点差に迫ったところまではよかったのですが。
 
 
後半からは浦和もきちんとケアしてきたので、両FWが裏を狙う攻撃は封じられてしまいました。
ならばと、インターセプトしてドリブルでカウンターを仕掛けるも、途中で潰されてしまう場面が何度か。
 
 
そして最後はガス欠した感じでした。
7連敗していたとはいえ、やはり浦和は浦和ですね。
 
 
この試合で一番がっかりしたのは、いわゆるバイタルエリアまで行って、正面にはあとDFラインのみという状況で、シュートを打つでもドリブルで縦に仕掛けるでもなく、サイドチェンジを選択した場面が2回もあったこと。
あそこまでペナルティエリアに近づいた後では、サイドチェンジというのかも微妙です。
似たような場面で浦和の選手は躊躇なく仕掛けてましたよ。
 
 
監督のコメントでは、「シュートで終わる、自分がという意識が強すぎた」とのこと。
確かにもう少し落ち着けといいたくなる場面もありましたが、完全にアタッキングサードに入ったのに、仕掛けないのもいかがなものかと思った次第です。
 
 
現地まで行かれたみなさんはお疲れ様でした。
時折映るゴール裏、上段まで埋まっている光景が良かったですし、声も結構出ていたと思います。
 
 
それにしても、外出していた長男が帰ってきた途端に2失点。
長男と一緒にテレビ観戦して、勝ったことが(引き分けたことすら)ないような気が…

|

« 遅ればせながらガンダム | トップページ | 芝かぶり »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/46202995

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま、さいたま:

« 遅ればせながらガンダム | トップページ | 芝かぶり »