« 芝かぶり | トップページ | シミケン・ショー »

2009年9月28日 (月)

フクアリの死闘

山形 2-1 千葉 (フクアリ)
 
 
残留に向けた直接対決ということで、ここは万難を排しての参戦。
初めてのフクアリでしたが、手頃な大きさの専用スタジアムはいいですね。
下手に大きなスタジアムよりも、私は好きです。
でも、芝がちょっとアレでした。
ちょっと踏ん張るとすぐめくれ上がる状態です。
せっかくの良スタなのにもったいない。
 
 
前半は組織的な守備が機能し、比較的安心して観ていられました。
初めてのレオ、西河のCBコンビも問題なし。
そして待望の先制点。
宮沢のスルーパスに抜け出した長谷川が落ち着いて決めてくれました。
リーグ戦1回目の対戦もそうでしたが、千葉戦は珍しく中央突破ができてしまうようです。
 
 
前半は精彩を欠いた千葉でしたが、後半になるとようやくエンジンがかかったのか、押し込まれる状態が続きました。
バテてしまったのか、ヒヤヒヤするプレーを繰り返していた宮沢を下げて北村を投入するも、流れは変わりませんでした。
ロングスローやらセットプレーが続いた時間帯、こらえきれずついにCKで失点し、同点にされてしまいました。
あれだけ左右に振られたら、まあしょうがない。
 
 
千葉の勢いにまだかげりが見えていなかったので、正直、やばいなと思っていましたが、
直後に右サイドを崩して、最後は北村が決めてくれました。
前がかりの千葉に対し、うまくカウンターが決まったと現地では思っていたところでしたが、録画を観るとどうやら3バックに切り替えていた模様。
あれだけ右サイドがら空きで宮崎がドフリーだったのも納得です。
 
 
そして、初めての石川の左MF起用。
いきなり長谷川に決定的なクロスを送るあたりは、さすがです。
今後、おもしろいオプションになりそうです。
 
 
最後は千葉の攻撃を押さえきって、直接対決に勝利。
非常に大きな勝利です。
欲を言うとすれば、2回はあった3点目を取れる決定的な場面を決めきれなかったことくらいか。
 
 
そういえば、アウェーで某先輩と一緒になると勝てないというジンクスも打ち破りました。
これも何気に大きい?

|

« 芝かぶり | トップページ | シミケン・ショー »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/46331890

この記事へのトラックバック一覧です: フクアリの死闘:

« 芝かぶり | トップページ | シミケン・ショー »