« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

フクアリの死闘

山形 2-1 千葉 (フクアリ)
 
 
残留に向けた直接対決ということで、ここは万難を排しての参戦。
初めてのフクアリでしたが、手頃な大きさの専用スタジアムはいいですね。
下手に大きなスタジアムよりも、私は好きです。
でも、芝がちょっとアレでした。
ちょっと踏ん張るとすぐめくれ上がる状態です。
せっかくの良スタなのにもったいない。
 
 
前半は組織的な守備が機能し、比較的安心して観ていられました。
初めてのレオ、西河のCBコンビも問題なし。
そして待望の先制点。
宮沢のスルーパスに抜け出した長谷川が落ち着いて決めてくれました。
リーグ戦1回目の対戦もそうでしたが、千葉戦は珍しく中央突破ができてしまうようです。
 
 
前半は精彩を欠いた千葉でしたが、後半になるとようやくエンジンがかかったのか、押し込まれる状態が続きました。
バテてしまったのか、ヒヤヒヤするプレーを繰り返していた宮沢を下げて北村を投入するも、流れは変わりませんでした。
ロングスローやらセットプレーが続いた時間帯、こらえきれずついにCKで失点し、同点にされてしまいました。
あれだけ左右に振られたら、まあしょうがない。
 
 
千葉の勢いにまだかげりが見えていなかったので、正直、やばいなと思っていましたが、
直後に右サイドを崩して、最後は北村が決めてくれました。
前がかりの千葉に対し、うまくカウンターが決まったと現地では思っていたところでしたが、録画を観るとどうやら3バックに切り替えていた模様。
あれだけ右サイドがら空きで宮崎がドフリーだったのも納得です。
 
 
そして、初めての石川の左MF起用。
いきなり長谷川に決定的なクロスを送るあたりは、さすがです。
今後、おもしろいオプションになりそうです。
 
 
最後は千葉の攻撃を押さえきって、直接対決に勝利。
非常に大きな勝利です。
欲を言うとすれば、2回はあった3点目を取れる決定的な場面を決めきれなかったことくらいか。
 
 
そういえば、アウェーで某先輩と一緒になると勝てないというジンクスも打ち破りました。
これも何気に大きい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

芝かぶり

山形 0-1 清水 (NDスタ)
 
 
200909201216000 ものは試しということで、この試合は芝かぶり席に潜り込んで観戦してみました。
 
 
本来は選手入場時に選手とハイタッチできるのですが、新型インフルエンザ対策で接触は避けるということで、代わりにバックスタンド側の看板裏からウォーミングアップを観るところから始まりました。
そして席に戻り、いよいよ試合開始となったわけです。
 
 
確かに、今のNDスタの中では、ピッチまでの近さは抜群です。
しかし、高さがない上、エンドライン近くということで、ゴール裏よりはよいかもしれませんが、試合全体としてはやはり見づらいです。
 
 
そうは言っても、やはり目の前でのプレーは迫力があります。
失点の場面は、目の前からきれいなクロスが上がっていきいましたorz
 
 
写真のシリアルナンバー入りパスなどもついております。
ちょっとチケット価格は高いですが、悪くはないと思います。
一言付け加えるならば、座席が金属製なので、すぐにケツが痛くなります。
せっかくのプレミアム感を打ち出そうという企画なのですから、クッションか何かあっても良いのではないでしょうか。
 
 
それにしても、これは専用スタジアムなら成り立たない企画ですな。
山形でも昔は市陸で(ry


試合の方はついに4連敗で、今日柏が勝つと降格圏に転落というところまで来てしまいました。
だいぶ試合内容は改善されたと思いますが、トラップミスに出し手と受け手の意図が合わないパスミスなど、清水と比べると簡単なミスが目立ちました。
 
 
次は千葉との直接対決。
私も今のところ、参戦予定です。
是が非でも勝たねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

さいたま、さいたま

山形 1-4 浦和 (埼玉)
 
 
立ち上がりから相手の勢いとスタジアムの雰囲気に飲まれたのか、4分で失点してしまいました。
小林のパスをインターセプトされ、カウンター気味に押し込まれました。
ようやく落ち着いてきたと思ったところで、またカウンターで一気に持ち込まれて、最後はPK献上。
 
 
その他にも危ない場面は多々あったとはいえ、古橋と北村がDFの裏を狙い、そこにパスも通っており攻撃も割と機能しておりました。
古橋の2試合連続得点で1点差に迫ったところまではよかったのですが。
 
 
後半からは浦和もきちんとケアしてきたので、両FWが裏を狙う攻撃は封じられてしまいました。
ならばと、インターセプトしてドリブルでカウンターを仕掛けるも、途中で潰されてしまう場面が何度か。
 
 
そして最後はガス欠した感じでした。
7連敗していたとはいえ、やはり浦和は浦和ですね。
 
 
この試合で一番がっかりしたのは、いわゆるバイタルエリアまで行って、正面にはあとDFラインのみという状況で、シュートを打つでもドリブルで縦に仕掛けるでもなく、サイドチェンジを選択した場面が2回もあったこと。
あそこまでペナルティエリアに近づいた後では、サイドチェンジというのかも微妙です。
似たような場面で浦和の選手は躊躇なく仕掛けてましたよ。
 
 
監督のコメントでは、「シュートで終わる、自分がという意識が強すぎた」とのこと。
確かにもう少し落ち着けといいたくなる場面もありましたが、完全にアタッキングサードに入ったのに、仕掛けないのもいかがなものかと思った次第です。
 
 
現地まで行かれたみなさんはお疲れ様でした。
時折映るゴール裏、上段まで埋まっている光景が良かったですし、声も結構出ていたと思います。
 
 
それにしても、外出していた長男が帰ってきた途端に2失点。
長男と一緒にテレビ観戦して、勝ったことが(引き分けたことすら)ないような気が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

遅ればせながらガンダム

S_004 先週、日帰りの東京出張がありまして、業務完了後お台場に行ってきました。
等身大ガンダムを一目見るために。
8月いっぱいでイベントは終了し、撤去されると聞いておりましたが、実際もう撤去作業は始まっていました。
作業フェンスが設けられ、遠目からのフェンス越しには足の甲の部分はすでに外されているようにも見えました。
 
 
とはいえ、大部分はまだそのままで、ギリギリ間に合ったという感じです。
上京する機会がなかなかなく、諦めかけていたところですが、ありがたや。

 
 
スカパー!で放映されたメイキング番組も見ましたが、ここまで大まじめに作り込むとは、やや呆れつつも壮観です。
全高18mというと、5階建てのビル程度でしょうか。
それほど大きくはないです。
お台場の公園ならともかく、東京のビルの谷間では、簡単に埋もれてしまいます。
 
 
それにしても、これを解体してしまうのはもったいない気がします。
お台場の都立公園は無理としても、どこかに常設しておけば、観光名所になりそうなものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »