« 初体験 | トップページ | 遅ればせながらガンダム »

2009年8月30日 (日)

正直、盛り下がる結末

山形 1-2 広島 (NDスタ)
 
 
今節はメイン北のチケットが回ってきたので、おとなしくメインで座って観戦。
 
 
前半の頭こそ、DFラインを高くして対抗していたものの、次第に押し込まれるいつもの展開。
北村は相手の左サイド服部を見るために位置が低くなり、小林亮のさらに外に北村がいるという5バック状態。
あそこまでずっと張り付いているということは、監督の指示だったものを思われますが。
そのおかげか、決定的に崩されることはなかったか。
 
 
後半は、左からサイドチェンジして右のミキッチという感じで、広島の攻撃にさらされる時間が多くなり、肝を冷やす場面も。
 
 
そんな中でケガから復帰の古橋が前線に投入されたものの、程なく失点。
ま、これくらいで盛り下がることはありませんが。
 
 
そうこうしているうちに、いい位置で宮崎が倒されて獲得したFKを、古橋がきれいに決めて同点に。
お見事。
FKだけでなく、古橋のボールを引き出したり、裏を狙う動きはやはりさすがでした。
 
 
こうなれば、少なくとも引き分けなければならないところですが・・・
柏木のプレッシャーに負けた小原の痛恨のミス。
 
 
これは、さすがにスタジアム全体のテンションが下がってしまったような気がします。
うーん、痛い・・・
 
 
切り替えて次節に臨むしかないわけですが、ここで恐怖の浦和爆弾。
警告の累積で有給の長谷川抜きでも、見事不発弾処理できるか。

|

« 初体験 | トップページ | 遅ればせながらガンダム »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/46074248

この記事へのトラックバック一覧です: 正直、盛り下がる結末:

« 初体験 | トップページ | 遅ればせながらガンダム »