« 私が観たのは部分日食 | トップページ | 続けて勝ち点1ゲット »

2009年7月27日 (月)

大白鳥に燃ゆ

山形 1-1 新潟 (東北電力ビッグスワン)
 
 
久方ぶりのビッグスワンです。
隣に野球場ができたのは知りませんでした。
おかげで、駐車場が狭くなり、駐車券を買いそびれたので、新潟駅前に車を停め、シャトルバスでビッグスワン入りです。
 
 
ホームの時もそうでしたが、天地人ダービーと銘打たれたこの一戦。
盛り上げようという両チームフロントの意気込みは感じるのですが、個人的にはそうした盛り上がりは皆無。
もちろん同じ相手に二度も負けていられるかという気持ちはあるのですが、仙台が相手の時のように、自然と湧き上がってくるものがありません。
軽々しく何でもかんでも「ダービー」と呼ぶのはどうなんでしょうね。
 
 
前半は押されっぱなしでシュート0。
全体的に押し込まれた状態でしたが、特に小林のところが矢野にやられまくりで、いつ失点してもおかしくありませんでした。
しかし、あそこまで何度もサイドをえぐられてクロスを入れられたにもかかわらず、なぜか合わない。
絶対やられたと思った場面も何度かありました。
 
 
前半は耐えきったものの、後半の始めにFKから失点してしまいました。
反対側のゴール裏から観ていて、蹴った瞬間やられたと思った見事なFKでした。
あれを蹴られたら、まあしょうがないですな。
 
 
先制された後も押し込まれる展開が続きましたが、赤星、石川、財前と交代のカードを切っていくとともに、ボールがキープできるようになるとともに、流れがうちに向いてきました。
最終的には4-2-3-1のようなシステムになっていた気がします。
新潟が大島を下げたことと、足が止まったことのおかげもあったかもしれません。
 
 
交代3選手がキッカーとして並んだFKの場面は、結果は外れてしまいましたが、何かワクワクするものがありました。
そして、88分、疲労困憊で何となくドリブルしている矢野から勝がボールを奪取。
そしてその瞬間走り出した財前へ縦パスが送られ、ルックアップして中を確認した財前から左足でDFの股を抜くクロス。
そこへ走り込んできた長谷川が左足で合わせて同点に。
ゴール裏は最高潮に達しました。 
 
 
その後も、石川のクロスに勝が頭で合わせた場面もありましたが、決めきれず。
あれは長谷川が陰になってボールが見づらかったのかもしれませんが、惜しい場面でした。
 
 
結局、そのまま試合終了となりましたが、上位チーム相手のアウェイで勝ち点1獲得ということで、まずは御の字かと思います。
 
 
それにしても、あれだけ足が止まっていたのに、交代枠を1つしか使わなかった新潟。
うちにいたときから選手交代をあまりしない人だった気がしますが、、淳さんの仕様なのでしょうか。
 
 
そして、帰りの113号。
深夜にもかかわらず、山形へ向かう山形ナンバーの車列が続いておりました。
流れが滞ることはありませんでしたが、どこが先頭なのかは見えない車の数。
結構壮観でした。

|

« 私が観たのは部分日食 | トップページ | 続けて勝ち点1ゲット »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/45759675

この記事へのトラックバック一覧です: 大白鳥に燃ゆ:

« 私が観たのは部分日食 | トップページ | 続けて勝ち点1ゲット »