« 上出来の勝ち点1 | トップページ | 特に見所もなく »

2009年4月29日 (水)

久々の大宮

山形 3-0 大宮 (NACK5)
 
 
一応チケットは確保し、隙あらば現地に乗り込もうと狙ってはいましたが、さすがに断念しTV観戦。
 
 
試合開始直後、落ち着く間もないところで、小林亮のスローインを受けた古橋がクロスを上げ、それを長谷川が頭で押し込み先制。
大宮の隙を見逃しませんでした。
 
 
2点目はカウンター発動。
右サイドの勝からのクロスに、ファーサイドで待ちかまえる古橋が右足でダイレクトボレー。
シュートがDFに当たってこぼれたところに詰める長谷川。
ストライカーの嗅覚を感じました。
 
 
前半のうちに2-0という難しいスコアになってしまいましたが、結果的に無失点。
暑い中でも、相変わらず献身的な守備。
シミケンはミスもあったものの、2回のビッグセーブ。
 
 
大宮はデニス・マルケスにボールによくボールは入るものの、そこでこねてスピードダウンを繰り返しているような感じでした。
あれは、ある意味守りやすいというか。
 
 
そして、この試合は審判にも助けられた感じです。
後半シミケンがこぼしたボールを押し込まれたものの、ノーゴールとなった場面。
解説の相馬氏も指摘していましたが、ファールを取らない審判は取らないかもしれません。
それから、3点目のPKの場面。
まあ、ファールには違いないと思いますが、これも相馬氏指摘のとおり、エリア外に見えました。
なお、前半のデニス・マルケスのヘッドがオフサイドとされた場面は、中継ではよくわかりませんでした。
 
 
何にはともあれ、開幕戦以来の複数得点での勝利。
次の柏戦は何としても参戦したいところですが、どうなることやら。

|

« 上出来の勝ち点1 | トップページ | 特に見所もなく »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/44837563

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の大宮:

« 上出来の勝ち点1 | トップページ | 特に見所もなく »