« 名前はまだない | トップページ | 久々の大宮 »

2009年4月28日 (火)

上出来の勝ち点1

山形 1-1 鹿島 (NDスタ)
 

長男が生まれた翌日ということで、スタジアムに行くのは諦めていたわけですが、渡りに船というか、NHK様が山形のみならず急遽東北6県でローカル放送してくれたおかげで、福島の病院のテレビで観戦することができました。
 
 
本当は慣れたくもないところですが、だんだんと慣れてきた感のある序盤の押し込まれ具合からこの試合もスタート。
やっぱりマルキーニョスとか怖いし、チームとしてもさすがの完成度です。

 
でもあれはPKじゃないだろう。
前半の終わりの方では、古橋のハンドもスルーしているし。
J1昇格後、初めてのダメ審判。
 
 
とはいえ、鹿島が先制したおかげで、逆に緩くなった感じもしたので、あのPKがなかったら全然違う展開になったのかもしれません。
とりあえず、PKの場面、シミケンは惜しかった。
 
 
得点の場面、CKのこぼれ球を古橋が拾い、勝とのパス交換でフリーになった古橋のクロスを長谷川がヘッドで合わせたもの。
古橋のクロスも良かったですが、それ以上に勝の外を走っていった動きが良かったです。
あれで鹿島のDF少なくとも2人の注意を引きつけ、古橋がフリーになったのではなかろうかと。
ファーに逃げてフリーで待ちかまえていた長谷川の動きも、打点の高いヘッドと合わせて見事。
 
 
その後はお互いにチャンスもありましたが、無得点で引き分け。
勝てる機会もあった以上、満足とは言えないのかもしれませんが、上出来の結果ではなかろうかと。

|

« 名前はまだない | トップページ | 久々の大宮 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/44817290

この記事へのトラックバック一覧です: 上出来の勝ち点1:

« 名前はまだない | トップページ | 久々の大宮 »