« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

久々の大宮

山形 3-0 大宮 (NACK5)
 
 
一応チケットは確保し、隙あらば現地に乗り込もうと狙ってはいましたが、さすがに断念しTV観戦。
 
 
試合開始直後、落ち着く間もないところで、小林亮のスローインを受けた古橋がクロスを上げ、それを長谷川が頭で押し込み先制。
大宮の隙を見逃しませんでした。
 
 
2点目はカウンター発動。
右サイドの勝からのクロスに、ファーサイドで待ちかまえる古橋が右足でダイレクトボレー。
シュートがDFに当たってこぼれたところに詰める長谷川。
ストライカーの嗅覚を感じました。
 
 
前半のうちに2-0という難しいスコアになってしまいましたが、結果的に無失点。
暑い中でも、相変わらず献身的な守備。
シミケンはミスもあったものの、2回のビッグセーブ。
 
 
大宮はデニス・マルケスにボールによくボールは入るものの、そこでこねてスピードダウンを繰り返しているような感じでした。
あれは、ある意味守りやすいというか。
 
 
そして、この試合は審判にも助けられた感じです。
後半シミケンがこぼしたボールを押し込まれたものの、ノーゴールとなった場面。
解説の相馬氏も指摘していましたが、ファールを取らない審判は取らないかもしれません。
それから、3点目のPKの場面。
まあ、ファールには違いないと思いますが、これも相馬氏指摘のとおり、エリア外に見えました。
なお、前半のデニス・マルケスのヘッドがオフサイドとされた場面は、中継ではよくわかりませんでした。
 
 
何にはともあれ、開幕戦以来の複数得点での勝利。
次の柏戦は何としても参戦したいところですが、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

上出来の勝ち点1

山形 1-1 鹿島 (NDスタ)
 

長男が生まれた翌日ということで、スタジアムに行くのは諦めていたわけですが、渡りに船というか、NHK様が山形のみならず急遽東北6県でローカル放送してくれたおかげで、福島の病院のテレビで観戦することができました。
 
 
本当は慣れたくもないところですが、だんだんと慣れてきた感のある序盤の押し込まれ具合からこの試合もスタート。
やっぱりマルキーニョスとか怖いし、チームとしてもさすがの完成度です。

 
でもあれはPKじゃないだろう。
前半の終わりの方では、古橋のハンドもスルーしているし。
J1昇格後、初めてのダメ審判。
 
 
とはいえ、鹿島が先制したおかげで、逆に緩くなった感じもしたので、あのPKがなかったら全然違う展開になったのかもしれません。
とりあえず、PKの場面、シミケンは惜しかった。
 
 
得点の場面、CKのこぼれ球を古橋が拾い、勝とのパス交換でフリーになった古橋のクロスを長谷川がヘッドで合わせたもの。
古橋のクロスも良かったですが、それ以上に勝の外を走っていった動きが良かったです。
あれで鹿島のDF少なくとも2人の注意を引きつけ、古橋がフリーになったのではなかろうかと。
ファーに逃げてフリーで待ちかまえていた長谷川の動きも、打点の高いヘッドと合わせて見事。
 
 
その後はお互いにチャンスもありましたが、無得点で引き分け。
勝てる機会もあった以上、満足とは言えないのかもしれませんが、上出来の結果ではなかろうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

名前はまだない

Nec_0002 昨日、20時31分、長男が誕生いたしました。
体重3,292g、身長50cm。
母子共に健康でございます。
 
 
実は、18日にも一度入院はしたのですが、それ以上進まずいったん家に帰されたところでした。
それ以降、全体としてはお産に向け進んでいたものの、本格的な陣痛が来ないという状態が続いておりました。
 

そして昨日昼頃、破水したので入院したという連絡を受け、病院に駆けつけたものの、相変わらず陣痛は来ず。
もうちょっと様子を見て変わりがなかったら、陣痛促進剤を使うと医者には言われたのですが、夕食中にいきなり陣痛が来たかと思ったら、そこからは2時間30分余りで出産という、慌ただしさでした。
 

まずはご報告まで。
これからは、長男も含めましてよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

怖いくらい順調だ

山形 1-0 大分 (九石ド)
 

小林監督が4月の勝ち点の目標を7としていたわけですが、すでに6を獲得です。
本当に怖いくらい順調です。
 
 
今日の試合に関していえば、開幕以来、何か流れの悪い大分に助けられた感もあります。森重の負傷退場の場面は、本当に気の毒という感じです。
救急車で運ばれたとのことでしたが、大丈夫だったのでしょうか。
無事を祈っております。
 
 
得点の場面、左サイド北村のクロスを、ニアサイドの古橋が頭で合わせたものでした。
きれいに決まりましたな。
正直、北村の左足には期待していなかったのですが、今までに見たことのないような素晴らしいクロスでした。
いや、本当、ごめんなさい。
 
 
PKを獲得した上、上本に赤紙をプレゼントした場面。
ここ数試合、自分から仕掛けるような場面が減っていた金が、ここではいい突破を見せてくれました。
とはいえ、そのあとの石川がPK蹴る前のペナルティエリア進入はいただけない。
あれで蹴り直しの上、止められたのでは、蹴った石川ばかりを責めるわけにはいきません。
どう考えても蹴りづらいよなあ。
しかし、うちはPK決定率は、異常に低いんじゃないのか?
 
 
そして、シミケンは今日も2回のファインセーブ。
開幕からずっと調子いいですな。
 
 
さて、次はG大阪、その次は鹿島と、これまで以上の強敵が続きます。
どこまでやれるのか。
見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

すごいよ勝さん

山形 1-0 千葉 (NDスタ)
 
 
シーズン始まって間もないとはいえ、下馬評では残留争いをするチーム同士の直接対決。
後々響いてきそうな一戦です。
そして、何気に初対戦。
 
 
千葉は3トップで前線からガンガンプレスをかけてくる戦術で、その圧力を交わすのに辟易した感じでした。
去年J2では散々味わった戦術です。
それでもって苦手の3トップとなると、どうなることかと思った立ち上がりでした。
 
 
とはいえ、ボールを奪ったあとの千葉の攻めが雑というか何というか。
パスミスやお見合いなど、カウンターで失点してもおかしくないような場面もあったのですが、決定的な場面には至りませんでした。
FC東京には一発で持っていかれましたが、今日は助かりました。
ああいうしょうもないミスはなくして欲しいものです。
 

この試合、12本ものCKの場面がありましたが、得点できませんでした。
あれだけでかいDFが並んだ上に、11人全員で守られると、なかなか点が入るものではないですな。
一捻り欲しかったところです。
11人全員が戻っているので、その後にカウンターを喰らうようなことはなかったのはありがたかったといえば、ありがたかったですが。
 

お互いにさしたる決定的な場面を作れないまま、正直このまま引き分けかなと思い始めていましたが、残り時間もわずかというところで勝がやってくれました。
帰ってきて録画していた中継を見返すと、絶妙なスルーパスを出したのは健太郎。
あれだけ高い位置でボランチ2人がプレーして、しかも中央を割って得点。
気持ちいいですな。
 
 
順位表ではまだ4位などと、にわかに信じがたい位置を保っております。
ま、順位がどうのこうのというよりも、拾える勝ち点を着実に拾っているのはいいこと。
しかし、怖いくらい順調な滑り出しです。
怪我人とか出ないことを祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »