« 白銀の世界へようこそ | トップページ | 雪模様、再び »

2009年3月22日 (日)

久しぶりの東京

山形 0-1 FC東京 (味の素)
 
 
市陸では煽りあい、最終節でノブリン率いる大分への御恩返しにより昇格をアシストしたあのシーズン以来の対戦です。
もうそんなに経つんだなあ。
 
 
東京に押され、サイドからひたすらクロスを上げ続けられたわけですが、中のマークは外さなかったので、何とか耐えていたという感じでした。
CKでのシミケンの好セーブやカボレが1対1を外してくれた場面は、さすがに肝を冷やしましたが。


そんな中で、痛恨のミス。
得点の匂いがせず、勝てるとは思わなかったものの、スコアレスドローはいけるかなと期待していたので、ミスからカウンターを喰らって失点というのはちょっと残念です。
 
 
名古屋、東京と戦い、何とか守ることはできるという目途は立ったと思いますが、せめて1点を取れないと厳しいところです。
1チャンスを沈める決定力を身につけるか、攻撃パターンを増やすか・・・。
いずれも一朝一夕で果たせるものではないですが、いっそうのトレーニングを。
 
 
選手層が薄いことは百も承知ですが、それにしてもFWの層が薄すぎる。
ジャジャはまだか。

|

« 白銀の世界へようこそ | トップページ | 雪模様、再び »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/44434995

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの東京:

« 白銀の世界へようこそ | トップページ | 雪模様、再び »