« 久しぶりの東京 | トップページ | すごいよ勝さん »

2009年3月25日 (水)

雪模様、再び

山形 3-1 京都 (NDスタ)
 

1シーズンに雪模様の試合を2回経験したのは、初めてです。
キックオフからカラーボール投入です。
試合前に除雪したあとは本降りにはならなかったので、雪の影響はほとんどなかったとは思いますが、寒さはいかんともし難い。
やっぱり3月中は厳しい。
 
 
立ち上がりはちょっと守備が落ち着かない感じで、そのまま主導権を握られてしまいましたが、その後はしっかり守れたのではないかと。
京都にはボールを回されましたが、あまり効果的な縦パスが出てこなかった印象です。
決定的な場面はありましたが、そこはシミケンがセーブ。
開幕戦のペナルティラインを跨いでのスローイング以外は、好調が続いています。
 

攻撃面では、流れが来たときにきちんと加点していった感じでした。
DFからのパスをうちの選手がかっさらうなど、京都の方に何か集中力を欠いたようなプレーが多かったような気はしました。
そのあたりにうまくつけ込んでいけたのではないかと思います。
 

開幕してからここまで観てきた感じでは、今年の攻撃面での鍵を握っているのは、長谷川と金のような気がします。
長谷川にボールが収まらない時は全然な感じですし、金が目立たない時間帯も停滞してしまう感じです。
もちろん、勝や健太郎の出来が悪いと、それ以前の話になるのかもしれませんが。
 

そして、今日初めて観た、小林亮。
立ち上がりはちょっと不安定でしたが、時間が経つにつれてそれなりにプレーできていたのではないかと思います。
これで、右SBのポジション争いが激化する?
 
 
豊田にヒールで流されて取られた1点は余計でしたが、寒い中、観に行った甲斐のある試合となりました。
これがリーグ戦だったらもっと良かったですが。

|

« 久しぶりの東京 | トップページ | すごいよ勝さん »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/44467450

この記事へのトラックバック一覧です: 雪模様、再び:

« 久しぶりの東京 | トップページ | すごいよ勝さん »