« 大事件です | トップページ | 白銀の世界へようこそ »

2009年3月 8日 (日)

衝撃の一戦

山形 6-2 磐田 (ヤマハ)


衝撃度では、ある意味、昨年J1昇格を決めた愛媛戦を上回るものがありました。
出来すぎのJ1初戦です。
 

硬さも見られた立ち上がり。
先制点もPKで献上するというすっきりしない展開でしたが、選手もサポもそこでがくっとならなかったのは良かった。
 
 
石川のFKに金が頭で合わせて同点。
立て続けに、金の右からのクロスに古橋のダイビングヘッドで逆転。
新戦力がいい感じです。
 
 
後半、昨年の仙台との入れ替え戦で大活躍した松浦が投入されると、特に左サイドから押し込まれる展開に。
この時間を耐えられればこの試合はいけると思って観ていたところですが、残念ながら同点にされてしまいました。
しかし、結果としてこれ以上点を与えなかったことが、勝ちにつながりました。
多少の失点でへこたれるなという気持ちが、キャンプを通じてすり込まれた結果でしょうか。
 
 
あとは、周知の通り、ありえない展開になってしまいました。
5点目、6点目あたりは、磐田の選手が完全にキレていたと思うので、おまけみたいなものだとは思いますが。
 

これなら今年もいけると思えるようになった反面、局面局面ではJ1の厳しさを感じたのも事実です。
長谷川のポストプレーなどは十分通用していましたが、個々人のレベルアップも必要です。
これから先、こんな試合があるとは思えません。
 

去年のホーム開幕戦で、岐阜にコテンパンにやられたあと立ち直ったうちみたいな例もあるし。
目立つ勝ち方してしまったおかげで、対戦相手も油断してくれないだろうし。
 
 
・・・などと、兜の緒を締めようとしても、やっぱり心の中では浮かれてしまいますなあ、正直。
 

|

« 大事件です | トップページ | 白銀の世界へようこそ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/44286837

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の一戦:

« 大事件です | トップページ | 白銀の世界へようこそ »