« ついに!! | トップページ | フルモデルチェンジ? »

2008年12月 2日 (火)

感無量

山形 3-2 愛媛 (ニンスタ)
 

一晩寝て起きても、新聞読むたびに涙腺がゆるみかけております。
山新の健二の記事が一番やばかった。
 
 
試合の方はといいますと、前節熊本戦と比べればまだマシだったものの、やはりどこかぎこちない感じがいたしました。
レオを見ていても、判断が遅いというか、ハイボールもかぶってるし。
1失点目のFKを与えてしまった場面も、一発で寄せて簡単に反転されてしまったところを、後ろから引っ張ってしまったもの。
愛媛のFK自体はお見事でしたが。
 

長谷川の粘ったゴールで追いついたのもつかの間、またしてもFKで失点。
誰も触らないでそのままゴールインはありえない。
やっぱりどこかぎこちないまま、前半終了。
 
 
後半に入り、匠を投入したあたりからだいぶいい感じになってきましたが、なかなか1点が遠い展開でした。
そして財前投入です。
長谷川が右MFに下がり、財前がトップで動き回ると、いい感じでボールが引き出されるようになりました。
そして、豊田が倒されて得たFK、石川の左足が炸裂です。
最近、直接ゴールは見ていませんでしたが、ここ一番であのFK。
さすがです。
 
 
そして、決勝点も石川のロングパスから。
ボールが出て私の視点が切り替わった瞬間、そこにはドフリーで駆け上がる財前の姿が。
その瞬間から、ずっと何かを叫んでいたような気がしますが、まったく覚えてませんw
財前が中にカットインすると、そこに油揚げをかっさらいに来たように匠が現れて、シュート。
DFにはじかれた先には、棚ぼたを待ちかまえる豊田・・・。
 

叫びまくり、ハグしまくりの状態から多少落ち着いて、腕時計(ストップウオッチ)に視線を落とすと、47:30の表示です(注:ニンスタのアウェーゴール裏からは、時計も含めてすべての掲示板がまったく見えません)。
確か、アディショナルタイムは3分の表示だったはず。
 
 
愛媛のCK。
これがラストプレーのはず。
 

そして、試合終了のホイッスル。
 
 
モンテディオ山形の試合を初めて見てから、12年。
 
 
何と言っていいのか、いろいろありすぎて・・・。
 
 
ようやく、虹の彼方、夢の舞台にたどり着いた。
 
 
そして最後に、そんなに見ている人も多くないここでこっそりカミングアウト。
某巨大掲示板を始め、各所で好評を頂戴しているこの写真のおっさん
 
 
うちの親父です。
 

いや、もう身内から見ると、多少の気恥ずかしさのほかは、ただただwwww

|

« ついに!! | トップページ | フルモデルチェンジ? »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/43293258

この記事へのトラックバック一覧です: 感無量:

« ついに!! | トップページ | フルモデルチェンジ? »