« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

さらば 豊田

モンテディオ山形 豊田陽平選手 期限付移籍期間満了のお知らせ


ちょっと前からスポーツ新聞に話が出ていましたので、ある程度覚悟はしていましたが、やはりつらいものです。
昇格したところで、一朝一夕には改まらない貧乏が恨めしい。
本人のブログを読んで、さらに切なくなってしまいました。
 
 
不貞不貞しい感じのする容貌といい、プレースタイルといい、まさにストライカー。
頼もしかったです。
オリンピック代表としても、楽しませてもらいました。
来年も一緒にいられないのはたいへん残念ですが、新天地での活躍を祈っております。
 
 
あ、うちとやるときはほどほどにお願いしますm(_ _)m
 
 
にしても、京都か。
もう少しいいクラブから声はかからなかったのかと(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

静観

フルモデルチェンジ構想の件。
 
 
先日、その時点での雑感を書いたところですが、その後いろいろと聞いてみると、この時点でああだこうだと騒いでもしょうがない感じがして参りました。
 
 
事の発端となった山形新聞の記事についても、最初は協会が自ら上げた観測気球なのか?とも思いましたが、どうやらそうではなさそう。
裏では何やらゴチャゴチャしているようです。
 
 
ここまで騒がしくなってしまうと、18日の理事会で何かが決まることはないと思われるので、その結果が発表されるまで大人なしく見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

フルモデルチェンジ?

モンテディオ改称構想 21世紀協理事長提案へ
 

最終戦も勝ち、気持ちよくシーズンを終えたところへ、何ともよくわからない話が飛び出してきました。
 

最近の理事長の言動からは、観客数が伸びない、スポンサー獲得もままならないことへの危機感が相当感じられましたが、まさかここまで考えているとは。
 

公式へのリリースを見ると、今のような形で騒ぎになることは本意ではなかったようです。
確かに構想全体を聞く前から騒いで欲しくないというのはわかりますが、その一部に名称とかチームカラーの変更まで含まれているとなれば、騒ぎにならざるを得ないでしょう。
こちらも構想全体を見てから冷静に判断すべきという大人な考えも持ち合わせてはいるつもりですが、どうしても感情的になってしまいます。
 
 
事前に理事長と芸工大の教授から説明を受けていたサポも一部にはいるようです。
そうした方のブログも拝見しました。
構想の内容には触れられていませんでしたが、レク、というか、プレゼンに1時間30分も要したそうです。
多岐に渡る内容だったのかもしれませんが、一般に浸透を図らなければならない事柄に、それだけの時間をかけないと理解してもらえないのだとすれば、相当厳しいのでは・・・。
個人的には、マスコット決定の際の経緯もあるので、別の方とはいえ、芸工大の教授というだけで身構えてしまう部分もあります。
 
 
現段階での私の賛否はといえば、当然反対です。
愛着もありますし、冷静に考えても、メリットに比してリスクばかりのような気がします。
今以上に県民への浸透を図るとは言っても、私の職場の普段は試合を観にこない方々の反応も、「何考えているんだ?」という感じです。
決して好意的な受け止め方とは思えませんでした。
 
 
いずれにしても、18日の理事会で議題となるようですが、反対を押し切って決めてしまうようなことだけはやめて欲しいところです。
それこそタダの内ゲバに陥ってしまう気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

感無量

山形 3-2 愛媛 (ニンスタ)
 

一晩寝て起きても、新聞読むたびに涙腺がゆるみかけております。
山新の健二の記事が一番やばかった。
 
 
試合の方はといいますと、前節熊本戦と比べればまだマシだったものの、やはりどこかぎこちない感じがいたしました。
レオを見ていても、判断が遅いというか、ハイボールもかぶってるし。
1失点目のFKを与えてしまった場面も、一発で寄せて簡単に反転されてしまったところを、後ろから引っ張ってしまったもの。
愛媛のFK自体はお見事でしたが。
 

長谷川の粘ったゴールで追いついたのもつかの間、またしてもFKで失点。
誰も触らないでそのままゴールインはありえない。
やっぱりどこかぎこちないまま、前半終了。
 
 
後半に入り、匠を投入したあたりからだいぶいい感じになってきましたが、なかなか1点が遠い展開でした。
そして財前投入です。
長谷川が右MFに下がり、財前がトップで動き回ると、いい感じでボールが引き出されるようになりました。
そして、豊田が倒されて得たFK、石川の左足が炸裂です。
最近、直接ゴールは見ていませんでしたが、ここ一番であのFK。
さすがです。
 
 
そして、決勝点も石川のロングパスから。
ボールが出て私の視点が切り替わった瞬間、そこにはドフリーで駆け上がる財前の姿が。
その瞬間から、ずっと何かを叫んでいたような気がしますが、まったく覚えてませんw
財前が中にカットインすると、そこに油揚げをかっさらいに来たように匠が現れて、シュート。
DFにはじかれた先には、棚ぼたを待ちかまえる豊田・・・。
 

叫びまくり、ハグしまくりの状態から多少落ち着いて、腕時計(ストップウオッチ)に視線を落とすと、47:30の表示です(注:ニンスタのアウェーゴール裏からは、時計も含めてすべての掲示板がまったく見えません)。
確か、アディショナルタイムは3分の表示だったはず。
 
 
愛媛のCK。
これがラストプレーのはず。
 

そして、試合終了のホイッスル。
 
 
モンテディオ山形の試合を初めて見てから、12年。
 
 
何と言っていいのか、いろいろありすぎて・・・。
 
 
ようやく、虹の彼方、夢の舞台にたどり着いた。
 
 
そして最後に、そんなに見ている人も多くないここでこっそりカミングアウト。
某巨大掲示板を始め、各所で好評を頂戴しているこの写真のおっさん
 
 
うちの親父です。
 

いや、もう身内から見ると、多少の気恥ずかしさのほかは、ただただwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »