« 3度目の正直 | トップページ | 良くも悪くも予想通り »

2008年10月26日 (日)

久々のロスタイム劇場

山形 1-0 湘南 (NDスタ)
 

昇格を争っている湘南を直接下しての3連勝!!
前節に引き続き、内容云々より勝ったことが最大の収穫。
まあ、内容も前節よりは良かったようには思いますが。


うちも湘南も、いくつかの決定的場面を決めきれずにいたわけですが(北側のゴールには結界でも張られていたんじゃないのか)、最後の最後に匠がやってくれました。
後半は、なかなかシュートまで持って行けなかった感じでしたが、途中出場で元気な選手が、カットインしてゴリゴリと仕掛けていくと、何かが起こるものですな。
湘南のDFがついて行けなかった感じでした。
 
 
ただ、軽率なプレーからカウンター喰らった場面が何度かあったので、その辺は気をつけて欲しいところです。
 

そして、昇格(2位)争いは仙台とのマッチレースの状況になってきました。
2001年を思い出す展開ですが、あの時とは違うことを見せつけたいところです。
というか、前半終了時点で、スタンドのどこからか仙台が1-3で負けていると聞こえてきていたのに、終わってみたら4-3で勝ったとは。
セレッソ・・・。
糠喜びさせないでください。
他力本願な状況ではないので、どうというほどのことではないですが。
自力であと4つ勝つのみです。
 

《今日の審判》
簡単にはファールを取らないことで終始一貫。
おかげで、長谷川・豊田vsジャーン・斉藤の勝負を堪能。

|

« 3度目の正直 | トップページ | 良くも悪くも予想通り »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/42913732

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のロスタイム劇場:

« 3度目の正直 | トップページ | 良くも悪くも予想通り »