« ミスしては勝てん | トップページ | 3度目の正直 »

2008年10月12日 (日)

やれやれ

山形 4-1 日立栃木UVA (NDスタ)
 

午前様続きの嵐のような仕事の時期もようやく終わり、ゆっくりと見られるようになったこの試合。
天皇杯の初戦はだいたいいつもこんな感じなわけですが、でもやはり90分間でなぜそれができないのかと言いたくなるわけですが。
宮沢や石川を休ませることができたのは良かったですが、北村あたりは最後の方はフラフラだったわけで。
 
 
相手の前からのプレスにばたつき、高いDFラインにオフサイドの山を築いた前半。
ボランチとDFの連携が今一つで、レオが中途半端につり出されたり、バイタルエリアを使われたり、ヒヤッとするカウンターを喰らったり。
セットプレーからの坂井の得点で何とかリードして前半終了。
 

後半に入っても流れは変わらず、追加点を奪えずにいるうちに失点。
たまらず豊田投入するも、それほど事態は好転せず。
いや、豊田の調子は良かったと思うのですが、周りがね。
 
 
勝ち越し点を奪えないまま、延長突入。
相手の足が止まり始め、ボランチに健太郎を投入したことで、多少落ち着いたのか、ようやく落ち着いてみられる展開に。
前半に豊田のフィジカルの強さを見せつけるようなヘッド、後半に裏に抜けたあとGKも交わして流し込んだ豊田、立て続けに宮崎のミドルとたたみかけて、勝利。
 
 
「 こ こ で す か 」

状態にならなくて、ほんと良かったなり。
 
 
昇格争いしている中の天皇杯は、やりづらいですなあ。
次は、久しぶりの川崎が相手。
どこまでやれるか楽しみではあるものの、正直、リーグ戦に集中したいところです。
 
 
《今日の審判》
いくら何でも流しすぎじゃなかろうか。
荒れなかったからいいけど。

|

« ミスしては勝てん | トップページ | 3度目の正直 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/42764777

この記事へのトラックバック一覧です: やれやれ:

« ミスしては勝てん | トップページ | 3度目の正直 »