« どこまでも混戦模様 | トップページ | 昇格への道険し »

2008年9月15日 (月)

完敗としか言いようがない

山形 0-4 広島 (NDスタ)
 

内容的にも、スコア通りの完敗でした。
何というか、ここまでやられると、もうこっちも開き直ってしまうというのか、一晩明けてみるとそこまで尾を引いていない感じです。
岐阜に負けたときの方が、よっぽど効きました。
 
 
後半の始めの方の決定機で、長谷川が決めて1-1に戻して、仕切り直すような展開にできていたら・・・という感じはしないでもないですが、もう過ぎたことです。
切り替えていきましょう。
 
 
さて、これで消化試合が1試合少ない湘南と、事実上並んでしまいました。
ここからが正念場。
前を向いて進むべし。
 
 
それにしても、相変わらずの大入り試合の時の勝負弱さ。
このジンクスどうにかならないものですかね・・・
 
 
《今日の審判》
基本的に取らない。
どちらかに偏っていたわけではないし、それはそれでいいが、たまに取ったときに基準が?

|

« どこまでも混戦模様 | トップページ | 昇格への道険し »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/42485850

この記事へのトラックバック一覧です: 完敗としか言いようがない:

« どこまでも混戦模様 | トップページ | 昇格への道険し »