« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月23日 (火)

ミスしては勝てん

山形 0-1 鳥栖 (NDスタ)
 

前半、プレスがかからず、鳥栖にいいようにポゼッションされる展開。
鳥栖の出足がいいのか、健太郎不在の影響なのか。
DFラインは、園田はがんばってはいたが、レオとの連携が微妙な状態。
石井が中で、園田が外の方が良かったんじゃ?
 
 
そうしたところで、シミケンの鳥栖へのプレゼントスロー。
何を慌てていたんだ?
もう、かばいようもない。
あの場面でGKが相手にパスすることまで、DFに危機管理しろというのは酷。
今日も何度か得意のポロリも披露していた。
しゃきっとしろ!
 

後半頭から攻勢に出て、豊田がゴールネットを揺らすも、ファールの判定。
その後も前半に比べればマシな展開だったが、あまり点の匂いはしなかった。
とりあえず、もっとシュート打て!
 
 
《今日の審判》
スローインの差し違えに始まり、アドバンテージは取らない、挙げ句ゴールは取り消されで散々。
あれがファールか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

HDD炎上!!

もう先月の話となります。
自宅PCのHDDのうちの1基が、エラー頻発するようになってきたので、新しいHDDに換装しようとしたときの話です。
 

換装や、データの移行は滞りなく進んでいたのですが、複数積んでいるHDDのケーブルへの接続を変えることを最後に思い立ちました。
S-ATAではないマザーボードのため、プライマリーだセカンダリーだ、ファーストだセカンドだとあるわけです。
で、配線及び格納場所の変更完了。
問題なくPCがHDDを認識しているし、OK、あとはケースの蓋を閉めるだけだと思っていたときのことです。
 
 
何となく、新品の電化製品が発するような、何とも言えない匂いが漂ってきました。
 
 
次の瞬間には、HDDから煙、そして、ファイア
 
 
アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
 

慌ててそのHDDから電源ケーブルを引っこ抜く私。
 
 
S_083 炎上したHDDの基盤がこちら。
発火部分は左上のチップです。
 
 

 
 
多少落ち着いてきたところで、結婚式の写真のとか、かなり思い出プライスレスなデータが入っているHDDであることを思い出し、再び慌てる私。
バックアップ取ってない・・・
 
 
かなり凹みながらも、炎上したHDDがCドライブにしているHDDではなかったため、炎上したHDDを外したあとは問題なく動いているPCで、データのサルベージ方法はないかと、必死にググっておりました。
すると、炎上した、今は亡きMaxtor製の同一HDDは、電源コントロールのチップから、かなりの炎上事例がある由。
うちのが炎上したのと同じチップ・・・。
かなり発熱するチップのため、熱対策が不十分だと炎上することがあるのとのこと。
配置場所を変えたら、熱がこもる場所だったということでしょうか。
 
 
しかし、データのサルベージに成功した事例も発見。
ディスクがやられたわけでないため、同一型番の別のHDDから外した基盤を、炎上した基盤に替えて取り付けると、HDDが動いたとのこと。
 
 
何年も前に購入したものなので、普通の店に新品があるわけもなく、藁にもすがる思いでヤフオクにGO。
ありました。
早速入札し、落札。
そして基盤交換をやってみると・・・
 
 
動 い た ! !
 
 
ちゃんとPCからも認識しています!


いやはや、久しぶりに慌てましたよ、ほんとに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

昇格への道険し

山形 2-2 C大阪 (長居)
 

練習中に健太郎と匠が負傷ということで、宮本がボランチ、石井が右SB、章吾が久々の先発となったこの試合。
香川と乾の正面突破にしてやられたところから動き出したわけですが、豊田の2発で前半のうちに逆転して折り返しというなかなかの展開でした。
 
 
1得点目、ゴールからかなり離れていたのに、体をひねって頭を振り、あの勢いのあるヘッド。
身体能力高いですな、やはり。
2得点目、直前の宮沢のシュートも、詰めた豊田も良かったですが、起点となった勝から石川へのサイドチェンジが見事でした。
ああいう球捌きがもっとできれば、勝ももう一段上に行けると思うのですが。
 
 
ここまでは悪くなかったと思うのですが、世の中そんなに甘くない。
章吾がPK献上の上、2枚目のカレー券を頂戴して、キムチ券ゲット
 
 
(´・ω・`)ショボーン
 
 
久々の出場で気合いが空回りしたんでしょうか。
カレー券1枚目の場面も、2枚目の場面も、そこまでやらなくても良かった場面だったのではないかと。
 
 
こうなると、選択肢はただ一つ。
引いて守って引き分け狙い。
あわよくばカウンターで得点。
これはきっちり遂行して、勝ち点1をゲットです。
負けなくて良かった・・・。
前半も含めて、決定的場面を2回は止めたシミケンGJ。
 
 
次節、健太郎も匠も間に合わないとなると、ボランチとDFのやりくりたいへんだなあ。
久々の園田は無難に仕事していたような気はしますが。
コバさん、どうするんでしょう?
 

《今日の主審》
前節とはがらっと変わって、ピーピー、ピーピーと笛が鳴る。
人が替われば・・・といっても、同じリーグでここまで差があるのもいかがなものかと。
それから、カレー券の基準が不明。
昨日カレー券が出ていたプレーより、より危険なプレーに対し、ファールは取ったものの、カレー券出さなかったのは謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

完敗としか言いようがない

山形 0-4 広島 (NDスタ)
 

内容的にも、スコア通りの完敗でした。
何というか、ここまでやられると、もうこっちも開き直ってしまうというのか、一晩明けてみるとそこまで尾を引いていない感じです。
岐阜に負けたときの方が、よっぽど効きました。
 
 
後半の始めの方の決定機で、長谷川が決めて1-1に戻して、仕切り直すような展開にできていたら・・・という感じはしないでもないですが、もう過ぎたことです。
切り替えていきましょう。
 
 
さて、これで消化試合が1試合少ない湘南と、事実上並んでしまいました。
ここからが正念場。
前を向いて進むべし。
 
 
それにしても、相変わらずの大入り試合の時の勝負弱さ。
このジンクスどうにかならないものですかね・・・
 
 
《今日の審判》
基本的に取らない。
どちらかに偏っていたわけではないし、それはそれでいいが、たまに取ったときに基準が?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

どこまでも混戦模様

山形 0-0 草津 (正田スタ)


金曜日に先に試合が終わった湘南が引き分けていたので、勝てばさらに一歩前進というところでしたが、今年は本当にみんなでお付き合いするのが好きというか、何というか。
やはり、最後の最後までわかりませんね、今年も。
 
 
前半、単純に縦へのボールでDFラインの裏を狙ってくる草津の攻撃に対しては、落ち着いて対処し、さして危ない場面は見られませんでした。
とはいえ、攻撃もあまりぱっとしませんでした。
ツートップにボールはうまく収まらず、クロスも上げられず、当然決定的な場面もなく。
セットプレーのチャンスにも、今日の石川のキックは精度いまいちな感じでした。
 
 
後半、選手交代のおかげか、多少うまく攻められるようになったところで、抜け出した北村がマイナスに折り返したボールに、走り込んできた宮沢がダイレクトで合わせるも、GK本田がナイスセーブ。
その次にやってきた長谷川のヘッドも、ナイスセーブされました。
第2クールの対戦の時には、やってしまった本田でしたが、今日は当たりの日だったのでしょうか。
 

最終盤になると、交代で入ってきた寺田に右サイドを崩される場面が見られるようになり、アディショナルタイムには、バー直撃で肝を冷やす場面も。
アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
 
 
ま、勝ち点1をきっちり取れたことでよしとしましょう。
 
 
そんな中、終盤一番印象に残ったのは、この日のスカパー!解説の依田。
うちにも在籍した依田です。
試合の始まりから、ほとんど解説らしい仕事をしていたとは思えないのですが(ほとんど喋っていなかった)、最後には寺田が攻め上がってくるたびに、「寺田!!」と叫ぶ依田。
スカパー!は、ホームチームにある程度偏るのが仕様ですが、それにしてもねえ・・・
 
┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
同じOBの解説者でも、解説の質は、山形ホーム担当の越智の圧勝ですな。
 

《今日の審判》
後ろからの当たりには厳しかった。
もう少し流しても良かった気もするが、ヤバイ当たりが多かったし、やむなし?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

大間のマグロを食す

S_075 といっても、先日の青森出張の際に買ってきたレトルトカレーですが。
「青森県大間産鮪使用」に加えて、「りんご・ジュース使用」と、青森の魅力たっぷりな感じです。
そして「わかめ入り」の文字が、アクセントを加えています。
 
 
わかめ??
 

S_081 そして、パッケージ裏面には「大人の辛さ!! 海の男の味!!」の文字が躍っております。
さすが青森県漁連が売っている一品です。
 
 
 

S_078 早速食してみると、どうやらルーの中に微妙に混じっている黒い物体が、わかめのようです。
正直、存在感がありません・・・
肝心の鮪は、手の親指の第一関節から先ほどの大きさの固まりが、3、4個(画像では、上の方に見えるもの)。
個人的に、火を通した鮪はぱさついていることが多くて、あまり好きではないのですが、これはそんなこともありませんでした。
美味しゅうございました。
 
 
S_085 そして、一緒に買ってきたもう一品、ほたてカレー。
 
 
 
 
 
 
S_084 パッケージのインパクトは鮪に劣りますが、個人的に中身はこちらの方がおすすめです。
ほたての風味がよく出ております。
美味しゅうございました。
 
 
 
それにしても、最近カレーを食べているときはいいのですが、その後に消化不良気味に胃がもたれること多いですorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »