« ねぶたとの遭遇 | トップページ | ダービー連勝 »

2008年8月11日 (月)

3連勝 再び

山形 3-0 愛媛 (NDスタ)
 

3連敗の後に3連勝です。
休みが入ったので、今一つピンとこないところはありますが、3連勝です。
総崩れにならずに、立ち直ってきました。
 
 
立ち上がりから、かなり飛ばしたプレスを敢行。
とはいえ、それも落ち着いてくると、ボール支配率は愛媛が上回っていたのではないかと。
決定的に崩された場面はなかったのですが、いまいちパリッとしない感じ。
攻撃に移っても、パスミスだったりでつながらず、パリッとしませんでした。
愛媛のパスミスやパリッとしないクロスに助けられていた感じがしました。
 

そんな中でも、ここぞという時の決定力は、今年は本当に目を見張るものがあります。
 
 
自陣右サイドのスローインを長谷川がうまくさばいたところを、北村がドリブルでエリア近くまで持ち込み、クロスというよりは横パス。
宮沢がそれをワントラップでミドルシュート。
DFに当たってコースが変わるという幸運もありました。
 

2点目は相手陣内で健太郎がカットしたボールを受けた長谷川が、これまたミドルシュート。
愛媛DFの寄せが甘いのを見逃さなかった好判断です。
 
 
後半に入っても、基本的な流れは変わらず。
時間が進むにつれて、攻めるしかない愛媛に押され、ヒヤヒヤする場面も見られるようになってしまいました。
シミケンの好セーブもあって、事なきをえたわけですが。
 
 
そして、試合を決める3点目は、相手陣内での勝のボール奪取から。
そのままドリブルで持ち込んで左から入れたマイナスのクロスを、長谷川が押し込んだわけです。
GKに当たってボテボテとしたゴールインだった上、選手の目立ったパフォーマンスもない、静かなゴールだったので、一瞬何があったのかと思ってしまいました。
 

休み明けのためか、スコアほどに完勝だったとは言い難い内容だったとは思います。
しかし、ダービー前のひと叩きだったと思えば、何の問題もなし。
 

次は今年最後のダービー。
 

絶対に勝つべし。
 
 
《今日の審判》
両チームとも汚いプレーがほとんどなかったこともあり、ストレスなし。
特に前半は、ほとんどゲームが止まらなかった印象。
 
 
 
そして、同時刻の中国。
日本代表は予選リーグでの敗退が決まってしまいましたが、豊田は1得点。
残念と嬉しさが混じる微妙な結果です。
 

最後オランダ戦、出られたら、もう一度意地を見せてくれ。
 
 
あ、でも、ケガだけは勘弁ね。
 

|

« ねぶたとの遭遇 | トップページ | ダービー連勝 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/42139018

この記事へのトラックバック一覧です: 3連勝 再び:

» 長谷川が決めた! トヨグバも決めた! [すけさん日誌]
このところ、いろいろありましたが、ようやく一段落。 貯め込んでしまっている仕事に没頭するお盆休みにしたいところです。 豊田追撃のチーム初得点で一矢 <北京五輪・サッカー:ナイジェリア2−1日本>◇10日◇男子1次リーグB組 荒れたピッチをものともしなかった。後半34分。FW豊田はスルーパスにうまく飛び出し、チームの大会初得点を決めた。「GKの動きをよく見て打とうと思った」。芝の根付かないピッチで、シュートの瞬間軸足が大きく滑ったが、冷静にGKの足元を破った。 所属のJ2はJ1に比べ、芝の整備が行... [続きを読む]

受信: 2008年8月12日 (火) 11時02分

« ねぶたとの遭遇 | トップページ | ダービー連勝 »