« 仕切り直し | トップページ | グダグダ »

2008年6月29日 (日)

雨中決戦

山形 2-1 広島 (NDスタ)
 

首位決戦と呼ぶにはちょっと勝ち点が離されていますが、混戦の2位争いから抜け出すためには、前回アウェーのような防戦一方の試合にしてしまうことは許されません。
サブに豊田も復帰。
好調な成績と、首位との対決ということもあってか、雨にもかかわらず、5,000人近い観客です。
 
 
前半立ち上がり、いつものような前からのプレスで押し込むものの、FKから失点。
それ以降は、パスワーク、ポゼッションで上回る広島の攻撃に耐えながら、時折カウンター発動という展開に。
回される、回される。
短いパスに、時折長居パスも織り交ぜながら。
このあたり、やはりJ2では一番です。
チャンスも、広島の方が多かったです。
 

にしても、中盤ちびっ子揃いで、空中戦勝てる気がしませんでした。
ケガで欠場の健太郎も強いとは思いませんが、代わりの宮本はどうやっても下回ります。
 

でも、集中力は途切れていなかった。
中盤から左サイドに展開し、石川からのニアサイドにクロス。
そこに飛び込む長谷川のヘッドで同点。
ピンポイントで合いました。
時間帯もよし。
 
 
そして、後半頭から宮崎を投入し、再び前からプレス強化です。
でも、落ち着いてくるとまた広島にポゼッションで上回られたわけですが。
 
 
そして、お待ちかねの豊田投入。
先に投入された広島・柏木のときにも、メインスタンドの方で多少歓声が上がっていたような気もしますが、比べものにならないくらい大きな歓声。
おかえり。
 
 
その豊田、やはり長谷川の活躍に触発されているのか、長谷川張りの鬼プレスを敢行です。
豊田だけでなく、同じく復帰の匠も鬼プレス気味。
 
 
そんな二人が決勝点をお膳立てです。
匠が広島陣内でボールをカットし、石川につないで、クロス。
ニアサイドでDFを引きつけて潰れる豊田。
そのまま抜けたボールは、逆サイドで待ちかまえる長谷川の元へ。
かなり角度がなかったと思うのですが、ファーのサイドネットに突き刺して決勝点。
今日はポストプレーはDFに潰されなかなかうまくいかなかった印象ですが、ここぞという場面できっちりお仕事です。


最後は広島の猛攻をしのいで、勝利です。
アディショナルタイムに、一度ネットは揺らされましたが、オフサイドの判定。
頭が真っ白になりかけました。
 

今日は2点ともに、石川が絡みました。
下位のチームほどには、石川へのマークがきつくなかった印象です。
広島が相手だからであり、石川だけに頼らない攻撃パターンの確立は引き続き急務でしょう。
 
 
にしても、今年はここぞという時のスピードアップと、人数のかけ方は、すばらしい。
両方の得点場面ともに、得点者の他にもう一人、味方がペナルティエリアに入っていました。
1点目なんかリプレーを観たら、突っ込んできているのは勝じゃないですか。
 
 
そして、怪我人も帰ってきて、左サイドを除いて、ほとんどすべてのポジションで競争発生です。
近年稀に見るうれしい悲鳴です。
豊田も復帰したとはいえ、今の長谷川は外せないでしょう。
コバさん、たいへんだ。
 

《今日の審判》
雨の影響で、ファールなのか、単に足が滑ったのか、判断に苦労していたか。
とはいえ、試合に影響してしまうようなミスはなかったのではないかと。
アディショナルタイムのオフサイド判定は、私の位置からではよくわかりません。

|

« 仕切り直し | トップページ | グダグダ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/41688096

この記事へのトラックバック一覧です: 雨中決戦:

« 仕切り直し | トップページ | グダグダ »