« 6連勝 | トップページ | 仕切り直し »

2008年6月21日 (土)

いつかは止まるもの

山形 0-1 甲府 (NDスタ)
 

両親が現地参戦のため、実家で祖母の相手をしつつ留守番。
同じく現地参戦のすけさん、風水先生御一行様ともお会いしたとの電話もありました。
 
 
試合のほうは、全体に動きが悪いというか、精彩を欠いた感じです。
甲府の体を張ったディフェンスもあり、連勝中のように、いい形でシュートを打てる場面もありませんでした。
 
 
失点のきっかけは、シミケンのキャッチミスからCKになってしまったもの。
雨の影響があったのかもしれませんが、もったいない。
さらに、林についていた誰かも、滑ってこけてましたな(こけなくても振り切られていた気はしますが)。
 


だからといって、失点したCKを除けば、それほど決定的な場面を作られたわけでもなく、一方的に押し込まれたわけでもなく。
攻撃は水物、致し方なし。
 
 
もう一回仕切りなおして、また連勝を目指しましょう。
 
 
《今日の審判》
復帰2戦目の家本主審。
後半のアディショナルタイム、短くないかと思った以外は、流し目で特に問題もなく。
むしろ、最大の誤審は、スローインでオフサイドを取ったメイン側副審。
あれがなければ、こぼれ球押し込みで得点だったんじゃないか?
この場面、そのまま得点認めてくれれば一番だったが、ゴールインの前に笛吹いてしまったから、副審に確認して誤りを認め、ドロップボールで試合再会とした判断はやむなしか。

完全にダメ審判のイメージが先行してしまっている家本氏ですが、先入観なく見れば、いい笛吹くときもあるんだけどな。
出来不出来の差が大きいんだよなあ。

|

« 6連勝 | トップページ | 仕切り直し »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/41603475

この記事へのトラックバック一覧です: いつかは止まるもの:

« 6連勝 | トップページ | 仕切り直し »