« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

雨中決戦

山形 2-1 広島 (NDスタ)
 

首位決戦と呼ぶにはちょっと勝ち点が離されていますが、混戦の2位争いから抜け出すためには、前回アウェーのような防戦一方の試合にしてしまうことは許されません。
サブに豊田も復帰。
好調な成績と、首位との対決ということもあってか、雨にもかかわらず、5,000人近い観客です。
 
 
前半立ち上がり、いつものような前からのプレスで押し込むものの、FKから失点。
それ以降は、パスワーク、ポゼッションで上回る広島の攻撃に耐えながら、時折カウンター発動という展開に。
回される、回される。
短いパスに、時折長居パスも織り交ぜながら。
このあたり、やはりJ2では一番です。
チャンスも、広島の方が多かったです。
 

にしても、中盤ちびっ子揃いで、空中戦勝てる気がしませんでした。
ケガで欠場の健太郎も強いとは思いませんが、代わりの宮本はどうやっても下回ります。
 

でも、集中力は途切れていなかった。
中盤から左サイドに展開し、石川からのニアサイドにクロス。
そこに飛び込む長谷川のヘッドで同点。
ピンポイントで合いました。
時間帯もよし。
 
 
そして、後半頭から宮崎を投入し、再び前からプレス強化です。
でも、落ち着いてくるとまた広島にポゼッションで上回られたわけですが。
 
 
そして、お待ちかねの豊田投入。
先に投入された広島・柏木のときにも、メインスタンドの方で多少歓声が上がっていたような気もしますが、比べものにならないくらい大きな歓声。
おかえり。
 
 
その豊田、やはり長谷川の活躍に触発されているのか、長谷川張りの鬼プレスを敢行です。
豊田だけでなく、同じく復帰の匠も鬼プレス気味。
 
 
そんな二人が決勝点をお膳立てです。
匠が広島陣内でボールをカットし、石川につないで、クロス。
ニアサイドでDFを引きつけて潰れる豊田。
そのまま抜けたボールは、逆サイドで待ちかまえる長谷川の元へ。
かなり角度がなかったと思うのですが、ファーのサイドネットに突き刺して決勝点。
今日はポストプレーはDFに潰されなかなかうまくいかなかった印象ですが、ここぞという場面できっちりお仕事です。


最後は広島の猛攻をしのいで、勝利です。
アディショナルタイムに、一度ネットは揺らされましたが、オフサイドの判定。
頭が真っ白になりかけました。
 

今日は2点ともに、石川が絡みました。
下位のチームほどには、石川へのマークがきつくなかった印象です。
広島が相手だからであり、石川だけに頼らない攻撃パターンの確立は引き続き急務でしょう。
 
 
にしても、今年はここぞという時のスピードアップと、人数のかけ方は、すばらしい。
両方の得点場面ともに、得点者の他にもう一人、味方がペナルティエリアに入っていました。
1点目なんかリプレーを観たら、突っ込んできているのは勝じゃないですか。
 
 
そして、怪我人も帰ってきて、左サイドを除いて、ほとんどすべてのポジションで競争発生です。
近年稀に見るうれしい悲鳴です。
豊田も復帰したとはいえ、今の長谷川は外せないでしょう。
コバさん、たいへんだ。
 

《今日の審判》
雨の影響で、ファールなのか、単に足が滑ったのか、判断に苦労していたか。
とはいえ、試合に影響してしまうようなミスはなかったのではないかと。
アディショナルタイムのオフサイド判定は、私の位置からではよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

仕切り直し

山形 1-1 湘南 (平塚)
 
 
仕事のため、後半頭からスカパー!観戦。
ギリギリまで、つばさと夜行バスを駆使した一人弾丸ツアーも画策していたのですが、実現できず。
残念。
 
 
試合を通して観ていないので、あまりどうこう言える立場にはないですが、後半を観る限り、勝ちも負けもあった試合だったようで。
 
 
宮崎の得点シーンを始め、攻め込んでいい場面があったかと思えば、カウンターを喰らって冷や汗をかいたり。
アジエルはやっぱり怖いですな(汗
 
 
何にしても、連敗しなかったのはよいことです。
 

次は首位・広島戦。
前回は、手も足も出ないままやられましたが、今回はひと味違うはず。
そうでないと困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

いつかは止まるもの

山形 0-1 甲府 (NDスタ)
 

両親が現地参戦のため、実家で祖母の相手をしつつ留守番。
同じく現地参戦のすけさん、風水先生御一行様ともお会いしたとの電話もありました。
 
 
試合のほうは、全体に動きが悪いというか、精彩を欠いた感じです。
甲府の体を張ったディフェンスもあり、連勝中のように、いい形でシュートを打てる場面もありませんでした。
 
 
失点のきっかけは、シミケンのキャッチミスからCKになってしまったもの。
雨の影響があったのかもしれませんが、もったいない。
さらに、林についていた誰かも、滑ってこけてましたな(こけなくても振り切られていた気はしますが)。
 


だからといって、失点したCKを除けば、それほど決定的な場面を作られたわけでもなく、一方的に押し込まれたわけでもなく。
攻撃は水物、致し方なし。
 
 
もう一回仕切りなおして、また連勝を目指しましょう。
 
 
《今日の審判》
復帰2戦目の家本主審。
後半のアディショナルタイム、短くないかと思った以外は、流し目で特に問題もなく。
むしろ、最大の誤審は、スローインでオフサイドを取ったメイン側副審。
あれがなければ、こぼれ球押し込みで得点だったんじゃないか?
この場面、そのまま得点認めてくれれば一番だったが、ゴールインの前に笛吹いてしまったから、副審に確認して誤りを認め、ドロップボールで試合再会とした判断はやむなしか。

完全にダメ審判のイメージが先行してしまっている家本氏ですが、先入観なく見れば、いい笛吹くときもあるんだけどな。
出来不出来の差が大きいんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

6連勝

山形 3-0 仙台 (NDスタ)
 

きっちりと前回の借りを返す、フルボッコ。
ダービーで完勝、すごく気持ちが良いものです。
 
 
そして、気づけば6連勝。
3試合連続の3-0。
何か落とし穴が(ry


前半、つないでくる仙台に対し、石川からのロングボールで対抗。
開始早々危ない場面もありましたが、シュートミスに助けられ、事なきをえました。
この場面を始め、仙台の最後のパスなり、シュートなりの精度が今一つ。
一方、あれだけプレッシャーが緩ければ、もう当然のように、石川からは前線、あるいは逆サイド財前にかなり効果的なボールが配球されておりました。
本当に惚れ惚れしてしまいました。
 
 
先制点は、右サイド、コーナーフラッグ付近からのスローイン。
北村がポストで戻したボールを、宮本がクロスを入れて、宮沢のヘッド。
宮本のクロスにはがっかりさせられることも多いのですが、ここはきれいなクロスでした。
宮沢の飛び込みもGJ。
スローインが入るとき、左サイド、ペナルティエリアの外でフリー、仙台DF誰も見ていない状態の宮沢がいるのが、私には見えていたのですが、クロスが入ってくるとなった瞬間に猛然とダッシュして突っ込んできたのでした。
生観戦じゃないと見えない部分、生観戦の醍醐味ですな。
 
 
前半終了近くの勝の弾丸ミドルシュート。
クロスバーに当たって、ほぼ真下、ゴールライン若干手前に落ちたシュート。
私的には、この試合一番のすごいプレーでした。
決まっていれば、もう今日一番のゴールだったのは間違いなし。
 
 
後半もつないでくる仙台。
こちらは石川のロングボールだけではない、攻撃も見せられるように。
 

でも、やはり、2点目は左CK、石川のボールから。
石井がドフリーでヘッド。
きれいに合いました。
 

その後、選手交代し、仙台も押し込んでくるものの、DF陣が踏ん張り、時折カウンターor敵陣深い位置での時間稼ぎのボール回し発動。
 
 
そして、トドメはアディショナルタイム、ボールキープと見せかけて、右サイドからクロスボール。
その先には3点目の男、宮崎がフリーで待ちかまえておりました。
シュートはGKにはじかれ、連続3点目ゲットは途切れたものの、こぼれ球を根本が折り返し、長谷川がごっつあんごール。
 

ということで、とりあえず次の週末までは非常に幸せな気分で過ごせそうです。
監督もコメントしているように、いつまでもこんなに点が取れる保証はないわけですが、まずはつまらないことで歯車が狂わないことを祈るのみです。
 

《今日の審判》
全体的に流し目なのは好印象だった。
ただ、どちらかに偏っているわけではなかったが、若干基準が?だった部分あり。
手癖が悪い(ユニ引っ張り)のは、容赦なく取っていた(場合によっては黄紙付き)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

揺れた

岩手、宮城で震度6強だそうで。
天童は震度4でしたが、見渡す限り被害はなさそうです。
 
 
まずは、被災されたみなさんに御見舞い申し上げます。
 

立て続けに来た余震の際に、テレビで初めて緊急地震速報を見ました。
おっと思った直後に揺れが来ました。
新幹線や発電所を自動で緊急停止させたりするには、1秒でも早いほうがいいということでしょうが、人間が避難するには、全然間に合わないですな。
 

常に心構えしておくしかないようです。
でも、うちには防災グッズも何もない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

5連勝

山形 3-0 福岡 (レベスタ)
 
 
5試合で16得点、3失点。
3失点はともかく、16得点は明らかにうちの芸風じゃない。
何か落とし穴ありそうで怖い(貧乏性
まだまだ先は長い。
勝って兜の緒を締めよ。
 
 
前半は一進一退。
雨の影響か、お互いパスミス、トラップミス多し。
 

後半開始から、うちが仕掛ける展開。
そうしたところ早々に、中央、財前のオサレなヒールパスから、長谷川の強烈な一撃で先制。
サイドでクロスを上げる財も悪くはないですが、やはり真ん中にいる財は素敵です。
今日は、右サイドから左サイドまで、かなり長い距離をダイアゴナルランしてました。
 

2点目は、CKからこぼれたところ健太郎。
スカパー!映像を見る限り、ギリギリオフサイドではなかったと思いますが、真横映像ではなかったので、何とも言えません。
今日の健太郎、なかなかいいミドルを何本か打ち込んでおりました。
 
 
3点目は、左サイド北村からのクロスを、宮崎がトラップ、詰めてきたDFを落ち着いて交わしてシュート。
3試合連続&恩返しゴールおめ。
 
 
最後10分は、福岡の攻撃にさらされ、決定的場面もありましたが、しのいで試合終了。
後半は開始から30分以上ずっとうちの時間でした。 
 
 
さて次は、ダービー第2戦。
レオの出場停止は痛いが、きっと小原が何とかしてくれる(はず)。
この前の借りを、きっちり返すべし。
 

《今日の審判》
流しているのか、そもそもその程度ではファールは取らんということなのか、今ひとつわかりづらい場面はあったものの、大きな問題なし。
オフサイド判定は、真横映像ないからよくわからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

4連勝

山形 3-0 鳥栖 (NDスタ)
 

いやいや、気持ちいいです。
前半は明らかに鳥栖に押し込まれ、決定機も作られ、どうなることかと思いましたが、何とかしのいでの勝利。
開幕戦のお返し。
 
 
前半は、ずっとゲームを支配していたのは鳥栖でした。
DFライン、特にSBの裏を狙われ、あるいはドリブルでつっかけられ。
決定機も何度か作られたものの、クロスバーに助けられたりで、何とかしのぐ展開。
鳥栖の決定力のなさに助けられました。
どれか1本でも先にやられていたら、展開は変わっていたのではないかと思われます。
 
 
仙台戦もそうでしたが、うちのDF(特に宮本)、ドリブルでつっかけられる攻撃に弱いのでしょうか。
何かバタバタしてしまうような気がします。
 
 
そんな中で、セットプレーから幸運な先制点です。
飛び出したGKが空振り、DFともつれて倒れ込みながらの勝のヘッド。
入った瞬間は、反対側のゴールで何が起こったのかごちゃごちゃしてわからなかったものの、リプレーを見ると、頭に当てたというか、当たったというかw


しかし、勝の2点目はきれいにつながりました。
文句なし。
右サイドからドリブルでカットインした宮崎が出したパスを、北村が足元ではたくポストプレー。
後ろから走り込んできた勝が、タイミングがずれて危うくボールを置き去りにしそうになりながらも、堂々の中央突破から落ち着いたシュート。
この何試合か、勝の飛び出しがいい感じです。
 
 
3点目は、鳥栖がボールウオッチャーになっていたか。
左サイドごちゃついていたところから、石川がふわっとしたクロスボール。
その先にはフリーで待ち受ける宮崎。
さすがです。
よく見えていたなあ。
 
 
その後も、宮沢や途中出場の太田に決定機が訪れたものの、いずれも決めきれず。
とはいえ、今日は決定力がスコアに表れた感じです。
恐らく、決定機の数はそれほど違わなかったと思われます。
 
 
それにしても、最近の異常な得点力、近年まれに見るフィーバーぶりです。
出玉絶好調。
柄にないことしているようで、落ち着かないというか、後が怖いというか・・・(貧乏性
 

去年首位だった頃は、今思えば、何かもうギリギリ余裕なし、何か知らないが神懸かり的に勝っていたという感じですが、今はそういう感じではなく、そう簡単に息切れすることはないのではないかと。
若手も育てながらこの内容は、かなりいい感じです。
まだまだ楽しめそうです。
 
 
さて、次は仙台が起動スイッチを押してしまったおかげで、調子上向き3連勝中の福岡。
コバさんと宮崎のためにも、ぜひ勝利を!
 

《今日の審判》
若干首をかしげる判定もあったが、許容範囲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けなくて良かった

審判と楢崎に助けられましたな。
 
 
玉田がPKをもらったシーン、かなりシミュレーション臭かったんですが。
リプレー見ても、ほんとに引っかかったのか?
その後の山瀬、玉田連続の方が、よっぽど確実に足がかかっていた。
 
 
その審判の絶妙なバランス感覚発動で、PK献上するも、楢崎お見事!
玉田のを取ったわけだから、あれを取るのはある意味納得w
大久保のDQN振り発動のシーンでも、しっかりバランス取るしw


それにしても、岡田さん、何であんなに選手交代のカードを切らなかったのでしょう?
特に内田、やばかった。
最後は引き分け狙いにいったのかもしれないけど、それならそれなりのカードの切り方があったと思うのですが。
ロスタイムになってから、選手を入れたところでねぇ・・・
 

いずれにしても、選手のみなさん、お疲れ様。
まずはとにかく休んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

灼熱

今日はW杯3次予選、アウェー、オマーン戦。
睡魔に負けるようなことがなければ、テレビ観戦するものと思われます。
 
 
が、日本時間22:15キックオフとは・・・?
現地時間17:15。
夕方、日が沈みきる前じゃないのか?
 
 
日本へのテレビ中継を意識しての時間設定としか思えない。
自分でわざわざ勝ちに対するネガティブ要素を増やしているだけのような。
少しでも涼しい時間にやるべきではないのか?
 
 
日本代表戦が、以前のように常時満員とならず、人気維持のためにも深夜ではない時間帯に放映したいと言うことなのかもしれませんが、もし万が一、暑さにやられてグダグダなサッカーをした挙げ句、負けるようなことがあれば、それこそ人気の低下傾向に拍車をかけるだけのような気がするのですが。
南アフリカに行けないようなことがあれば、それこそ取り返しがつかない。
何事もなかったかのように行けたとしても、無駄に選手に負担をかけるようで、いただけない。
 
 
ま、オマーン側が望んだのかもしれないし、内部の事情はわかりませんが。
でも、キャプテソが院政を敷くなんていう話が聞こえてくるような今の協会では、やりかねないよな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

さくらんぼの季節がやってきました

003 ということで、先日の昼に食してみたさくらんぼカレー
 
 
 
 
 
・・・・・特に季節は関係ありません。
 
 
確かに紹介文にあるとおり、「まろやかで不思議な味わい」です。
カレーには違いないですが、色といい味といい、まさに不思議な感じです。
レトルトカレーとしてはいい値段なので、自分で食べるためにはそうそう買えないですが、お土産やネタとしては良いのではないかと。
 

004 こちらは、ら・ふらんすカレー。
さくらんぼカレーほどのインパクトはありません。
普通に美味しい。
一切れ入っていたラフランスがなければ、言われなければそれと気づかないと思われます。
ラフランスは、煮てもあの、何というか、梨独特の粒々があるような食感は残っておりました。
 
 
そして、通販のページを覗いてみて、芋煮カレーを初めてハケーン。
今度見かけたら、試してみます。
 
 
最後に、ちゃんとしたさくらんぼ(紅さやか、頂き物)も、先週食べたことを付け加えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »