« さくら、さくら | トップページ | 食堂にて »

2008年4月21日 (月)

最後まで目を離すな

山形 1-1 草津 (正田スタ)
 
 
決定機の数から言えば、明らかにこちらが上回りました。
後半はずっと押し込んでいました。
10回を超えるセットプレーがありました。
でも、北村はGKに打ち込み、リチェーリはごっつあんゴールすべきボールを枠内にすら打ち込めず、レオのヘッドはポストに嫌われと、かなりいやんな展開でしたが、後半ロスタイム、まさにラストプレーで同点に。
 
 
起点は、やはり左サイド石川。
石川からのロングボールを、ゴール正面やや右寄りに位置したネモが、すごくネモらしいハイジャンプからのヘッドで中に折り返し、詰めた坂井がヘッドで2戦連続得点。
 

決定機できちんと決めていれば、勝てた試合だったと思いますが、まずは最後まであきらめずに追いついたことは評価すべきかと。
勝ち点0よりは、はるかにマシです。
 
 
さて、今節も怪我人発生です。
宮沢が軽傷であることを祈ります。
今年は、接触系、交通事故みたいな怪我が多いなあ。

 
前節は非常にポストプレーが冴えた長谷川でしたが、今節は今ひとつ。
まだまだ波があるのか。
それと、匠がいなくなった中盤は、ハイボールの競り合いに勝てる雰囲気がありません。
匠もそんなに空中戦強いとは思いませんが、それでもいなくなると、影響は大きいようです。
中盤、170cm前後しかいない…

|

« さくら、さくら | トップページ | 食堂にて »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/40942726

この記事へのトラックバック一覧です: 最後まで目を離すな:

« さくら、さくら | トップページ | 食堂にて »