« 春近し | トップページ | ヤマダ電機 山形店 »

2008年3月 9日 (日)

開幕

山形 0-1 鳥栖 (ベアスタ)
 

この間終わったと思っていたら、もう開幕です。
鳥栖スタも、命名権売り出して、名前変わったんですね。
 
 
小林監督がどんなサッカーをするのか、wktkしながらのTV観戦となりました。
 

開始から10分は、お互いにプレスも厳しく、主導権の奪い合いの様相も、徐々に山形ペースに。
以後、60分頃まで、完全に主導権を握りました。
この時間帯の感想ですが、去年と比べると、

・中盤、DFでパスを回す場面が少なくなった。縦に出す前に、手数をかけない。代わって、DFからのロングパスが増加。
・プレスをかけ出すポイントが前へ。気違いプレス気味。2ライン揃えて待ちかまえる感じではない。
・当然、DFラインの設定も前へ。
・リチェーリ、宮崎、宮本の新加入組も、いい感じ

鳥栖DFが、最後のところは体を張って守っていたとはいえ、あと一押し足りず時間は過ぎ、60分頃から足が止まってしまいました。
監督のコメントでは、スタミナ切れではなく、戦術変更だったようですが、時折反撃は見せるものの、ヒヤヒヤする場面が激増。
最後はCKのこぼれ球を、ダイレクトボレーできれいに合わされて、失点。
 

一言で言えばもったいない試合だったと思いますが、開幕戦は重要とはいえ、まだ1試合終わったばかり。
監督コメントからは、考えていたよりも前に急ぎすぎだったようですが、悲観するような内容ではなかったですし。
まだまだ先は長い。

|

« 春近し | トップページ | ヤマダ電機 山形店 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/40442190

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕:

« 春近し | トップページ | ヤマダ電機 山形店 »