« ヤマダ電機 最終章 | トップページ | ポイント5倍セール »

2008年3月16日 (日)

石川のクロスボールはやはり絶品なり

山形 3-1 C大阪(長居)
 

今季初勝利です。
まずは安堵。
さっさと勝てないと、泥沼にはまりますからなあ。
 
 
1点目は、ボールを呼びながら中央に走り込む豊田に、左サイド石川からピンポイントのアーリークロス。
それを相手CBの間、良いポジションから、頭一つ高いヘッドで、GKの頭越しにゴール。

2点目は、左サイドで相手DFからボールをかっさらったリチェーリが、そのままドリブルでペナルティエリアに進入し、中央へクロスを送ると、たまらずオウンゴール。
DFがさわらなければ、その裏にいた宮崎が押し込んでいたと思われます。

3点目は、タッチライン近くの左サイドからの石川のFKに、手前の石井は触れなかったものの、次の小原が足で押し込みました。
セレッソのセットプレーのディフェンスがゾーンだからなのか、小原に石井と2人もどフリー。
 

失点の場面は、右サイドを崩されてクロスを上げられ、ニアスルーで後から走り込んできた古橋に、誰もつききれず。
というか、マークがどうのこうのというより、監督コメントの通り、この時間帯、受けに回ったような感じでした。
 
 
しかし、石川の左足はすばらしいです。
これから当然マークがきつくなることと思いますが、引き続き良質なボールの供給をお願いします m(_ _)m
 

リチェーリ、前評判通りの速さです。
DFを置き去りにする場面が何度かありました。
そして、DFにちょっかい出して、ボールをかっさらうのがうまいですな。
でも、もっとシュート練習してください。
あの場面であれは、腰砕けになりそうでした。
 
 
レオの欠場で、初スタメンのルーキー石井君。
及第点です。
これからが楽しみです。
 

開幕戦のような裏を狙うロングボールは減り、縦に急ぎすぎるような感じはなくなり、縦への意識は高いまま良いバランスになったように思います。
次は、ホーム開幕戦。
楽しみです。

|

« ヤマダ電機 最終章 | トップページ | ポイント5倍セール »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/40524230

この記事へのトラックバック一覧です: 石川のクロスボールはやはり絶品なり:

« ヤマダ電機 最終章 | トップページ | ポイント5倍セール »