« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

ストーブリーグ突入

戦力外選手、引退選手などの発表があったわけですが、私的にはサプライズはなかった印象です。
毎度のことながら、特にカニと亮平については、賛否両論あるようですね。

カニについては、精神面も含めて総合的にどうだろうという気がしてましたので、この決断は理解できます。
確かに今季チーム最多得点ではあるものの、カニ中心にチーム構成を考えられるほどずば抜けているとは思いません。
絶対的電柱として機能するとか言うならば、話は別なのですが。

亮平については、大卒で2年間、怪我ばかりで出場なしではやむなし。
怪我しないというのも、プロとして必要な要素ではないかと。

私としては、ワッシーの戦力外が一番残念です。
以前所属していたときのこともあるし、いったんうちのチームを出ると戻ってくる選手がいない中で、京都を戦力外になったからとはいえ戻ってきたときにはうれしかったのですが。

はやこうさん、お疲れ様でした。
不本意だったかもしれませんが、あなたがスーパーサブとして出てくる姿には、ワクワクしたものです。
特に2004年第35節川崎戦の、地を這うようなありえないミドルシュートは今でも鮮明に覚えております。

チームを離れる皆様の、これからのご活躍を祈念します。
ありがとうございました。
 
 
さて、いよいよこれから鬱度が増す季節です。
今年も草刈り場となってしまうのか…
まずは早く新監督 щ(゚Д゚щ)カモォォォン 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

潔いネーミング

Imgp0639 いただき物のお菓子なのですが、西置賜郡小国町の木村屋菓子店の逸品です。
先日までまったく知らなかったお菓子だったのですが、全国で表彰を受けたこともある、知る人ぞ知るお菓子なようです。

確かに小国町は、県内一広い面積の町村であるにもかかわらず人口は1万人弱の過疎地で、豪雪地帯なのですが、潔すぎて自虐的な匂いすら感じるネーミングです。
ちなみに、市町村合併で小国町を抜いて県内で一番広い市町村に躍り出たのは、鶴岡市(ついでにいうと東北一広い市でもある)。

味はというと、普通にうまいです、これが。
簡単に言うと、胡桃、胡麻入りの味噌味ゆべしみたいな感じです。

また食べたいと思っても、買いに行くには遠いし(片道2時間)、さりとて通販利用も微妙な値段…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

来期に向けて

モンテディオ山形 樋口靖洋監督の契約について


成績からいえば、監督交代はやむをえないところでしょう。
内容的にも、今のままで良い方向に向かうような感じもしませんし。
監督を替えたからといって、必ず成績が良くなるとは限らないわけで、そこは難しいところですが。
うちの場合は、金銭的な制約もあるので、次もすでに実績のある人ということはないでしょうが、期待して次期監督の公表を待ちましょう。
 
 
それにしても、春先の勢いは何だったんでしょうね。
必ずしも横綱相撲で勝ち続けているようには見えなかったので、いつか息切れしそうな気はしていましたが、予想以上の落差でした。
いろいろ原因はあったとは思いますが、怪我人大杉が影響したのは間違いないところでしょう。
フィジコの問題なのか、選手個人の問題なのか、予測不能なアクシデントが多かったのか、素人の私にはっきりとした原因はわかりませんが、チーム史上、怪我人最多シーズンでした。
当然何らかの対策は考えていることとは思いますが、本当にどうにかしてください。
あれだけメンバーが揃わない中で戦わざるをえなかったのでは、樋口さんに気の毒だった。
 
 
とにもかくにも、樋口さん、2年間お疲れ様でした。
今後のご活躍をお祈りします。
 
 
そういえば、選手への戦力外通告も、今月中が期限ですな。
別の意味で、ドキドキする季節になってきました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪景色

予報通り、雪が降っております。
15時くらいから降り方が激しくなり、19時過ぎに帰る頃には、車の上に約10cmほどの積雪がありました。
路面は、月曜の朝以上のシャーベット状態。
やはり、無理にでも昨晩タイヤ交換をして正解だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

緊急指令! タイヤ交換!

何というか、完全に予想が外れまして、早くも積雪です。
19日朝に積もりはしないだろうと高をくくっていたら、見事な白色の世界。
さすがに路面は大丈夫だろうと、それでも希望を捨てずにいたところ、家の前の道路にはうっすらとシャーベット状の雪。
ノーマルタイヤで緊張の出勤でした。
途中、3本の橋の上は、マジ泣きそうでした。
 

それでもせめて次の週末まで何とかもってくれと願っていたものの、そんな希望を打ち砕くように、明日、明後日と天気予報には雪だるまが出現しております。
ということで、やむにやまれず、本日帰宅後にタイヤ交換作業を決行。
暗いし、雨は降っているし、散々です。
 
 
ここまでしたからには、むしろ積もってくれと、今は願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

タイヤがたいへんだ

1か月ほど前になるでしょうか。
洗車をしたときに、何となくタイヤを点検してみると、前輪の内側が左右ともに明らかに片減りしていることを発見しました。
今のワゴンに乗り換えて1年ちょっと、前のB4に引き続きまたかよという感じです。
この不具合、ある程度タイヤが減るまで乗らないと気づかないのがやっかいです。
 
 
ただ、2台も続くとスバル車にこういう傾向があるんだろうか?という気もしてきまして、周りのスバル乗りに片っ端から聞いてみると、そんなことはないという結果です。
フォレスター乗りの一人からは、片減りが出たのでアライメントを調整したら改善したという証言までゲット。
空気圧もそれなりに定期的に自己点検しているので、やはりアライメントですか。
 
 
ということで、昨日ディーラーへ行ってきました。
ディーラーの見立でも、アライメントが狂っている可能性が濃厚なようです。
下回りをぶつけたことがあるかと聞かれましたが、そんなことはしていないと答えると、無料で調整してくれるとのこと。
ラッキー。
正確に調整するためには、片減りしていないタイヤの方がよいということで、まだ1シーズンしか使用していないスタッドレス換装後に調整することと相成りました。
今年は自分で換装する手間も省けてしまいました。
重ねてラッキー。
 
 
予約は11月最後の日です(自分用メモ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昇格争い

山形 1-2 京都 (西京極)
 

天皇杯燃え尽き&レオ有給で、どんだけグダグダになるかと思っていましたが、それほどでもなかったようで。
この試合の結果だけ見ると、上位いじめもできないのかよということになりそうですが、昨日、緑と隣が引き分け、今日、札幌が負けた状況においては、今日の負けでむしろ昇格争いを盛り上げることに成功したようです。
 
 
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
 
 
こんな記事を読んだ後だと、なおのことです。
商売からいえば、隣を持ち上げる記事にした方が儲かるのはわかりますが、いくら何でも突き抜けすぎです。
山形でも同じ新聞が売られていることを知らないのではないかと思ってしまいます。
以前は、スポーツ新聞の中では、一番まともなサッカー記事を書くと評価していたのですが、今は昔のことになったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ジャイアントキリング失敗

山形 2-2(PK3-5) G大阪 (万博)
 
 
半ば強制参加の職場飲み会のため、現地参戦はおろか、パブリックビューイングinんだスタにも参加できませんでした。
というか、スカパー!は見られるのに、BSは見られない我が家。
せっかくの寒中パブリックビューイングの機会を逃したのは、残念です。


報道、ネットの各所の書き込みから判断しますと、なかなかに良い試合だったようで。
脚の菓子杯決勝進出決定で日程順延、平日開催になったときには、微妙な感じがしたものの、結果的には脚がスタメン入れ替え等で、有利に働いたのかもしれません。
J1とはいえ出場機会があまりない面子相手であれば、常に試合に出ているJ2でも十分に相手になるということでしょうか。
こちらの1点目なんかを見ると、脚はうちをちゃんとスカウティングしてきたのかどうか怪しい感じも受けたわけですが。
あれだけ余裕を持って勇人にクロスを入れさせてくれるとは。
なんだかんだ言っても、天皇杯でJ1相手だと余り無様な試合をしたことがない気がします。
モチベーションの問題なのか、何なのか。
次のリーグ戦、京都戦は、燃え尽きた山形が見られる悪寒がします…
 
 
財前のトップ下、見たかった (*´д`*)ハァハァ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

お世話様でした

昨晩は旧知の皆様から、国分町で祝っていただきまして、ありがとうございました。
久しぶりの皆様にお会いすることもできまして、たいへん楽しかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

それはそうと、今日秋保を目指したと思われる皆様は、無事たどり着かれたのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »