« 緊急手術 | トップページ | お世話様でした »

2007年10月21日 (日)

力負け

山形 0-2 東京V (NDスタ)
 
 
風邪を引いておりまして、声をまともに出せる状況でないため、南バックにて観戦。
席を探してウロウロしているときに、偶然お会いした某先輩と一緒に観戦と相成りました。
 
 
さて、試合の方は、完全に力負けの印象です。
1失点目は、往年の読売を彷彿とさせるような、華麗なパスワークで崩されました。
敵ながら見事です。
2失点目は、集中力切れというか、カウンター気味の縦1本でフッキが独走。
レオが食いついていこうとしたものの、物ともせず。
 
 
せっかく勝がゲットしたPKを、宮沢が蹴り直しも含めて、2回も止められてはね。
あれが決まっていたとしても、勝てたかどうかはわかりませんが、外したことで勝ちが相当遠のいたのは間違いないです。
私は財前が蹴るものとばかり思っていたのですが。
こうも何度も外すようでは、以後二度と蹴らないでください。
もうどうせだし、いっそキッカーなんか決めないで、ゲットした人が蹴ればいいんじゃないか?(自暴自棄気味)
 
 
前半はまずまずだったかと思いますが、後半は眠たくなる内容でした。
相手の守備に、開幕当初から見れば見違えるほど安定感があったとはいえ、DFとMFの間でパス回しているうちに、かっさらわれるの繰り返しです。
縦パスがいっこうに出てきません。
折角陽平が入ってきても、そこを起点にしようという意図もなかったようです。
というか、ポゼッション力が低下してきてるんじゃないのか?
そんな不安も抱く内容でした。

|

« 緊急手術 | トップページ | お世話様でした »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/16829299

この記事へのトラックバック一覧です: 力負け:

« 緊急手術 | トップページ | お世話様でした »