« ケアンズ旅行記・食事編 | トップページ | ケアンズ旅行記・雑感 »

2007年9月29日 (土)

強きを助け弱気をくじき

山形 1-2 福岡 (NDスタ)
 
 
ここのところ、順位表通りの力関係で勝負が決まっております。
ここまでの積み重ねが順位表な訳ですから、ある意味当然の結果といえばその通りなんですが、つまらん。
こちらの2つのミスを逃さず得点に結びつけられの敗戦です。
その点を除けば、どっちもどっちの試合内容だったとは思うのですが。
 
 
福岡も微妙です。
後半40分近くになってゲットしたCK。
コーナーサイドでボールキープにはいるのか、普通にやるのか、それはどちらでもありだとは思います。
そこで普通に蹴ることを選択したまではいいのですが、こちらは前線に2人を残しているのに、それをマークする福岡の選手も2人しかいませんでした。
どう考えても3人おくべきところです。
うちを舐めているのか、マヌケなのか。
そうしているうちに、今度はエンドライン近くでのスローイン。
2点リードで、さっきのCKよりさらに時間がなくなっているのに、ある程度選手も上がってきてロングスロー。
なんだそりゃと思ってみていたら、見事にうちのカウンターが発動して、最後はファールで止めるしかなくなって黄紙被弾です。
これは1点は取れそうだなと思っていたら、1点ゲット。
そこで試合終了となったからいいものの、どうでしょう?
細かいところですけどね。

|

« ケアンズ旅行記・食事編 | トップページ | ケアンズ旅行記・雑感 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/16612678

この記事へのトラックバック一覧です: 強きを助け弱気をくじき:

« ケアンズ旅行記・食事編 | トップページ | ケアンズ旅行記・雑感 »