« なんだか訳わかりませんが | トップページ | 人生初の高飛び »

2007年9月15日 (土)

久々に連勝

山形 2-0 草津 (NDスタ
 
 
試合開始から10分くらいは、草津に押し込まれました。
こちらの右サイドにカレカがずっと張り付き、ワシとずっとタイマン状態。
そこでワシが後手を踏み続けてる間、押し込まれました。
ここのところ石川がクロスも、サイドチェンジも、かなり高精度なボールを供給し続けているので、左サイドにボールを回さないために右サイドばかりついてくるのかななどと、草津側の意図を推測しつつ観ておったところですが、右サイドの守備が落ち着くと、だいぶボールも回るようになりました。
右サイドからの臼井のクロスに宮、石川のバー直撃ミドルなどなど。
 
 
いい形が作れるようになったところで、またもや臼井が故障で豊田と交代orz
勘弁してくれよと思っていたら、直後のワシのスローインを受けてするすると一人で抜け出した勝が、右サイドからGKの手をはじいてファーサイドへシュートを決めて先制点です。
交代で試合が切れたところで、草津の集中力も切れたかのようなゴールでした。
それにしても、今回は得点の流れに絡んではいないですが、前節に続き豊田が入った直後に得点。
何か憑いてますな。
 
 
そして、今節最大の事件発生。
カレカが一発赤紙を頂戴し、草津が10人に。
問題の場面では、

カレカと競り合いながら北村がボールをクリア
   ↓
その後にもつれたように両者倒れる
   ↓
北村の左(右かも)のふくらはぎ辺りにカレカの脚がぶつかる

てな感じだったわけでございます。
公式記録では、乱暴な行為による赤紙になっているところを見ると、最後の部分が池田氏には故意の蹴りに見えたということなのでしょう。
正直微妙な赤紙でしたが、助かりました。
 
 
後半は、多少慌てる場面もあったものの、10人相手ということもあってか、前半よりもスムーズなボール回し。
そして石川の左CKから、フリーの豊田がヘッドで一発。
久しぶりの2点目です。
以前にもありましたが、戻りながらのあのヘッドはすばらしい。
流れの中でも、前線に電柱が1本立っているのは、やはり落ち着きます。
その他にも好機は数あれども、3点目を取れないのが山形クオリティー。
贅沢言うなと言われそうですが。
 
 
それにしても、今年も事実上昇格争いから脱落したところから、調子が上がってくる辺り、どうにかなりませんかねぇ。
上位イジメすら楽しめないよりははるかにマシなのはわかっていますが…
 
 
以下、小ネタ

①草津の選手が痛んだので、こちらがサイドにボールを蹴り出した後、草津がボールを返してくれたのはいいが、ゴールマウスに向かってシミケンがジャンピングキャッチしなければならないボールを蹴ってくるとは、ありえねぇ。
シミケンが取れなかったら、入ってたと思われ。

②試合終盤、コーナーサイドで豊田がDF2人を背負ってボールキープ。
最後に豊田がコーナーフラッグを倒してしまうと、豊田にその修復を命じる池田氏。
そして、修復完了を確認することもなく、試合を再開する池田氏。
ありえねぇ。

|

« なんだか訳わかりませんが | トップページ | 人生初の高飛び »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/16459871

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に連勝:

« なんだか訳わかりませんが | トップページ | 人生初の高飛び »