« 伝統と挑戦 | トップページ | 選挙です »

2007年7月12日 (木)

天候:雨  馬場状態:不良

山形 1-2 京都 (NDスタ)
 
 
どこが止まって、どこが滑るのかわからないピッチ状態に、戦前の予想通り、縦への蹴り合いに。
相当に余裕がない限り、横パス、バックパスは厳禁状態。
出だしから山形の戦術というか、縦への意識というかが、より統一されていたように見えたが、結果前半は山形が押し気味に進行。
右サイドから中央の横山、横山が左の宮にワンタッチではたく、宮のクロス、はたいた後、真ん中に飛び込んで横山のヘッド!の流れは、非常にきれいだった。
 
 
でも、やっぱり、前半最後の失点が余計だ。
決めたパウリーニョの後に、もう一人フリーの京都の選手までいた。
セットプレーで、誰もマーク着いてない選手が二人もいたのではね…
 
 
後半は徐々に京都ペースに。
縦への蹴り合いをやっているうちに、こちらのDFラインが下がってしまって、間延びしてしまった感じだ。
京都は比較的高くDFラインを保っていた。
前線のFWの差が、もう単純に高さの差が、まともに表れてしまったということか。
 
 
ピッチ状態からいって、内容云々ではなく、もう勝つか負けるかだけの試合になると思っていたが、負けてしまうと本当に何も残らないなぁ。
ホント、うちは不良馬場に半端なく弱いな。
むしろ、積雪状態になると、勝ち越していると思うが…

|

« 伝統と挑戦 | トップページ | 選挙です »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/15737581

この記事へのトラックバック一覧です: 天候:雨  馬場状態:不良:

« 伝統と挑戦 | トップページ | 選挙です »