« カーナビが… | トップページ | 西京極に散る »

2007年6月 7日 (木)

胃カメラ飲んじゃった

数週間に渡り、胃の辺りの痛みが治まらず、新○共胃腸薬(顆粒)も役立たずだったので、先日医者に行ってきました。
腹部を先生がエコーで覗いてみると、肝臓、膵臓辺りは問題なしとのこと。
ということでやはり胃が怪しくなってきたわけだが、絶食状態での受診ではなかったので、その日は予約して帰り、今日胃カメラを初体験しました。
鼻から入れるタイプだったためか、嘔吐感に襲われることはありませんでした。
まあ、とはいえ、食道を異物が降りていく感覚は、嫌な感じでしたが。

カメラが胃にたどり着くやいなや、早速発見。
あまりにもあっさりでした。
ストレス?による急性胃炎でできた出血跡。
さらにカメラがグリグリと動き出すと、もう1か所発見。
薬1種類追加決定。

その先の十二指腸は異常ありませんでした。

カメラを引っこ抜く際、気管の入り口付近で停止。
先生の解説付きで、自分の気管の入り口と声帯を鑑賞。
声を出すと声帯が震えてる!(当たり前だ)
久々に生物の授業でも受けているようで、何となくおもしろかったです。

そして、診察も終わりおよそ1時間後。
屁が止まらねえ。
胃を診ているとき、何か気体を送り込んで、胃を膨らませて診ているようだったので、その影響なのでしょうか。
そうだとすれば、胃から肛門まで気体がたどり着くの早いな。
これまた新発見。

|

« カーナビが… | トップページ | 西京極に散る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213279/15350014

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ飲んじゃった:

« カーナビが… | トップページ | 西京極に散る »