« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

紹介者に注意

昨日は庄内の出先に出張でした。
午前中で用事が済んだため、鶴岡市内で昼食を取って帰ることに。
とはいえ、同行者の上司、同僚ともども土地勘もなく、出先の方にラーメン屋を紹介してもらい、そこに向かいました。
住宅地の中にあり、目立つ看板もなかったため、多少ウロウロしながら、店に到着。
店内はほどほどの混み具合。
メニューを見ると、普通のラーメン600円を先頭に、岩のりラーメン、ワンタンメンなど。
何かが載っているものを食べたかった私はワンタンメンを選び、上司は岩のりラーメン、同僚はラーメンを注文し、待つこと10分で岩のりラーメンとラーメン登場。

( ゚д゚)ポカーン
なんすか、この盛りは。
やたら盛りがいいのに、どんぶり自体は並みの大きさなので、スープの中で、麺が泳ぐ余裕がほとんどありません。
麺を引っ張り出すのに、下手をするとざる蕎麦並みの抵抗を感じるとのこと。
明らかに、2人前以上?

そして続いて、ワンタンメン登場。

Σ (゚Д゚;)
プラスされたワンタンに対応するため、どんぶりが小さめの洗面器並みの大きさにグレードアップしています。
どんぶりの中が炭水化物だらけです。
すでに戦意喪失気味です。

格闘することおよそ20分。
何とか平らげました。
外部から腹部に衝撃が加えられようものならば、確実に逆噴射しそうです。
胃カメラまで飲んだ病み上がりの人間が食べるものではありません。

結局、昨日は寝るまで腹がこなれず、晩飯も食わずに寝た有様。
今日も、痛みこそないものの、胃の不調は続いております。
食べ物は残すなという親の言いつけを守ったばかりに、大惨事です。
親に反抗することも必要なようです。

というか、紹介してくれた方が、いつも迷うことなく大盛りを選択する方であることを失念しておりました。
普通の値段であの盛りが出てくるわけですから、それは一押しになるわけです。

味は普通に美味しかったとフォローしつつ、150円増しの大盛りと、50円引きの小盛りの麺の量が気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ハイスコア

004

先日、職場で、ボーリングをしてその後飲み会ということがありました。
ボーリングは2ゲームということだったのですが、1ゲーム目のスコアは120。
恐らく1年以上のブランクがあったはずなので、それでもこのくらい出たということで安堵していたところに、突然やってきましたビッグウェーブ。

人生初のフォース(ストライク4連発)
そして、2ゲーム目のスコア  208

これまでの自己記録を20以上更新です。

ということで、うれしかったので、記念パピコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

5連敗・・・

山形 1-2 鳥栖(鳥栖)

月並みな言い方だが、1点先制して、守りに入ってしまったなという印象。
別に無理して攻めて2点目を取れと言っているわけではないけどね。
勝っていないと無意識にこうなってしまうものなのか。

とりあえず、初先発の坂井はGJ。
あそこで倒れず、無理矢理えぐっていったドリブルは見事。
全体の動きも及第点かと。

右MFだった北村の動きも良かった。
右サイドでの仕事に加えて、得点したことに表れているように、FWの位置まで積極的に飛び出していた。
監督的には窮余の策だったかどうかは知らないが、次もやってみてもいいのでは?
でも、臼井先生がいれば、普通にああいう動きはやってくれそうだよな。
早く戻ってこないかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

復活

壊れていたカーナビが、今日修理から帰ってきました。
やはりHDDの故障で、HDD換装等により、修理代総額31,000円也。
結局、いろいろと入り用な時期なもので、新品購入は断念。
家のテレビより早い地デジ導入の野望も断念いたしました。

これですぐ今度は液晶モニターが逝ったりしたら、洒落になりません。
新品買った方が良かったとなりかねないので、あと数年はがんばってください。
お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また先制点に怪我人ですか

山形 1-2 福岡(NDスタ)

所用で遅れてスタに到着すると、すでに0-1。
また先制点取られましたかorz
席に着くとすぐに木藤負傷退場orz
そしてきれいに真ん中を破られて2点目献上orz

前半、全然プレスが機能せず、真ん中でもサイドでもやりたいようにやられている印象を受けたが、試合後の監督、選手のコメントで納得。
スカウティングですでに負けていたということですな。
それを監督の指示で修正するのか、選手達の判断で修正するのか、そのどちらもできなかったということになる。
長いJ2、対策を練られたときに、それを上回るものを出せないと厳しくなることは、自明のことだ。
チームを立て直しているときに、そこまで求めるのも酷なのかもしれないが、後半持ち直したことを考えると、もうちょっと何とかならんかと思ってしまう。

後半の得点の場面は見事。
やっぱり長い距離走って出てきた宮沢が決めるような、ああいうのをもっと増やして行ければ。
宮沢のミドルが枠直撃の場面も、厚みのある攻撃で良かった。

そして、またまた怪我人2人発生ですかorz
本当に、今年大杉。
10年近く見てきて、ここまで多いのは初めてだ。
御祓いでもした方が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

健康診断

今日は職場の健康診断でした。
血液検査のための採血の時の出来事。
よく針を刺す前に、「ちょっとチクッとしますよ」とか、「少し痛いですけど我慢してくださいね」とか、痛みに対する恐怖心を和らげるための、子供だましなお言葉を頂戴するわけです。
ところが、今日採血してくれた40歳くらいのきれいなお姉様が、私の左腕に針を突き刺す前にくださったお言葉は

「 痛 い で す か ら 」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

「少し」とか、「ちょっと」とか、付け足す言葉はなしですか?
いったい私にどんな針を刺そうというのですか?

私の頭の中には、本当に上のAAが浮かんできましたよ。

…結果は、特別痛いとか、終わった後腫れるとかいうこともなく、終了。
私の後に同じお姉様に採血された知り合いも、同じように言われたとのこと。
頭を混乱させたまま、痛みもわからぬままに終わらせようということ、なんだろうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

あとちょっと?

山形 0-1 C大阪(長居)

前の2戦に比べると、全体的に改善が見られたのは良かった。
プレスもかかっていたし、ボールもつながるようになった。
ゴールの匂いも多少は増したような?
でもやっぱり、特に後半、縦に入れるボールの数、攻撃のスピードがまだ足りない。
TV画面では全体が見えないから、出せるような状況なのかわからないけど、もっとFW(特に豊田)に楔なりなんなり入れていってもいいんじゃなかろうか。

前半の財前のループが決まっていれば、勝てたのではないかとも思えた。
全体的に光明が見えてきた内容であったのは間違いない(と信じたい)。
前を向いていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

重傷だ

山形 1-2 水戸(NDスタ)

京都戦に引き続き完敗の印象orz
須田をとにかくひどく言っている人が多いようだが、それだけが問題とは思えぬ。
明らかにチームの歯車がかみ合っていない。
パスも、プレスも、マークも、すべてがちょっとずつずれている。
失点シーン以外にも、塩沢のトラップミスに救われた場面のほか、危ない場面は多数。
得点の匂いはほとんど感じられず。
得点の場面も、崩したと言うよりは、交通事故のような。
豊田の頭の強さは認めるが、個人的には水戸のGKの判断ミスという印象を拭えない。

勢いが落ちてくることは想定内だったが、落ち方の幅がちょっと予想以上ですな。
バタバタしてもしようがないし、監督、選手を信じるしかないわけだが。
それにしても、早く臼井先生帰ってこないかな…

須田はまだ周りとかみ合っていないのは確かだが、そんなにひどいとも思えなかった私の目は腐っているのだろうか?
もう少し様子を見たいところ。

そして、納豆カリーパン。
速攻で売り切れたようで、私が着いたときにはもうありませんでした。
正直、観客も多くなかったのに、みんな物好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

西京極に散る

山形 0-3 京都(西京極)

所用でスカパー!の中継すら観ておらず、ドガッチでハイライトを観ただけなので、あまりどうのこうの言えるわけではないですが、ひどかったようで。
草津戦の時、マイボールのときの木藤の物足りなさを書いたわけですが、こんなにすぐに現実になるとさすがにorz

とにかく切り替えて水戸ちゃんを迎撃せよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

胃カメラ飲んじゃった

数週間に渡り、胃の辺りの痛みが治まらず、新○共胃腸薬(顆粒)も役立たずだったので、先日医者に行ってきました。
腹部を先生がエコーで覗いてみると、肝臓、膵臓辺りは問題なしとのこと。
ということでやはり胃が怪しくなってきたわけだが、絶食状態での受診ではなかったので、その日は予約して帰り、今日胃カメラを初体験しました。
鼻から入れるタイプだったためか、嘔吐感に襲われることはありませんでした。
まあ、とはいえ、食道を異物が降りていく感覚は、嫌な感じでしたが。

カメラが胃にたどり着くやいなや、早速発見。
あまりにもあっさりでした。
ストレス?による急性胃炎でできた出血跡。
さらにカメラがグリグリと動き出すと、もう1か所発見。
薬1種類追加決定。

その先の十二指腸は異常ありませんでした。

カメラを引っこ抜く際、気管の入り口付近で停止。
先生の解説付きで、自分の気管の入り口と声帯を鑑賞。
声を出すと声帯が震えてる!(当たり前だ)
久々に生物の授業でも受けているようで、何となくおもしろかったです。

そして、診察も終わりおよそ1時間後。
屁が止まらねえ。
胃を診ているとき、何か気体を送り込んで、胃を膨らませて診ているようだったので、その影響なのでしょうか。
そうだとすれば、胃から肛門まで気体がたどり着くの早いな。
これまた新発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

カーナビが…

2日前、走行中に突然壊れましたorz
画面には「The Master Harddisk is not connected.」のメッセージ。
いったん停車、エンジンオフの後、再起動させると今度は「Cannot use The Master Harddisk.」のメッセージ。
調べてみると、HDDが逝っちゃったか、本体の基盤の一部が逝っちゃった時に出るメッセージの模様。

思えば、6年前にカーナビ欲しいなと思った時、ちょうど発売された世界初のHDD搭載カーナビ。
振動対策大丈夫なのか?、すぐ壊れるんじゃないのか?、などと不安に思いながらも手を出してしまったことを思い出します。
結果、6年間壊れることもなく働いてくれたことからすれば、耐久性を問題にすることもないようです。
6年使えば、PCのHDDだって逝くことがあるわけだし。

さて、今後の方針や如何に。
① 修理(いくらかかるんだ?)
② 新品に買い換える(修理とどっちが安いんだ?)
③ ナビなんかもういらねえ

直近でナビがないと困るような出かける用事もないし、じっくり考えよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪我人大杉

山形 1-1 草津(NDスタ)

ここまで怪我人ばかりだと、引き分けで御の字かとも言いたくなるが、昇格戦線に踏みとどまるためには、そうも言っていられない。
明らかに正念場。

前半のうちに点が取れなかったのが、痛かった。
財前のすばらしいクロスから横山のどフリーヘッド(枠外)とか、抜け出した勇人からクロスが北村に合わず(クロスじゃなくてそのまま一人で打てよ)とか。

レオ、ついにやっちゃったなあ。
最初の頃は、無理にキープするレオを見て勘弁してくれと思っていたが、あまりにうまく切り抜け続けるもんだから、大丈夫だと安心してしまっていたわけだが。
気持ちを切り替えて、京都戦からまたがんばって。

木藤について、監督も評価しているとおり、守りについては問題なくこなせていたと思うが、マイボールにしてからの展開力とか、ポゼッションしているときとか、物足りなかった。
本職じゃないわけだし、できればスクランブルの時だけにしてほしい。

それから、この試合は招待券をゲットしたので、メインスタンドの真ん中SSSで観戦。
声出しをするようになってから、座ったことのなかったの席。
たぶん8年、もしかすると9年ぶりと思われる。
まあ、ベンチが近くで見られることを除けば、やはり視点自体はバックスタンドと変わらないが、あれだけ暑いと日陰になるのはありがたい。
すぐ近くに一人でブツブツ文句ばっかり言ってるおっさんがいたのは興ざめだった。
ゴール裏にいると、自分のアドレナリン分泌量が上がっているから、あの程度の一人ブツブツは気にもならないのだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »